生中継に米テレビ記者2人射殺の容疑者自殺

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
生中継中に記者ら銃撃で死亡 米テレビ局トップが放送で発表

 米バージニア州の警察は26日、地元テレビ局WDBJ7の生中継中に記者とカメラマンが撃たれ死亡した事件で、逃走中の同局元職員の容疑者が自らを撃って死亡したと発表した。自動車で逃走中に警察に発見・追跡されていたという。

調べによると、同テレビ局の元職員ベスター・リー・フラナガン容疑者(41、通称ブライス・ウィリアムズ)は26日午前6時45分ごろ、同州ベッドフォード郡モニータのショッピングセンターで生中継をしていた記者のアリソン・パーカーさん(24)とカメラマンのアダム・ワードさん(27)を銃撃し死亡させた疑い。

Image copyright WDBJ7
Image caption 発砲の犠牲になったアリソン・パーカーさん(左)とアダム・ワードさん

事件の約7時間後、高速道路を走行中に警察に発見され、追跡され複数の警察車両に囲まれた後、道路脇にそれて停車。銃創を追って車内にいるところを確保され、病院で死亡したという。

事件当時、パーカーさんはブリッジウォーター・プラザの大型ショッピングセンターで朝の番組の生中継中で、観光業についてインタビューをしていた。放送の最中に複数の銃声が響き渡り、カメラがぐるりとまわり地面に落下。パーカーさんの悲鳴が聞こえた。

現場映像はその後、犯人と思われる男が逃げる様子をとらえていた。男は黒いズボンと青い上着を着て、短銃を手にしていた。

事件後にフラナガン容疑者は、記者たちに発砲する自分の姿を撮影したビデオを、ツイッターのアカウントに掲載していた。アカウントはまもなく、ツイッター社によって凍結された。フェイスブックのアカウントも凍結された。

カメラマンのワードさんのカメラがとらえた現場映像では、8回の発砲が記録されているが、容疑者が掲載した映像には、被害者3人に銃を向けて、14回発砲する様子が映っていた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
インタビューの生中継中に銃声が響き、記者たちが現場で倒れた(英語ビデオ)

パーカーさんの取材を受けていた地域の商工会議所のビッキー・ガードナーさんも、重傷を負ったが、地元病院によると手術の後、容体は安定しているという(上の英語ビデオが発砲時の様子)。

この事件を受けてオバマ政権は連邦議会に対して、銃規制の強化を改めて求めた。オバマ大統領は、ノースカロライナ州チャールストンの教会乱射など相次ぐ発砲事件に、より厳しい銃規制の導入を連邦議会に呼びかけていた。

これまでに明らかになっている事実関係(英語記事)

事件に対する反応(英語記事)

バージニア州警察によると、事件後に州間高速道路66号を走っている容疑者の車両を発見。追跡の後、道路の外にはずれて停車したと。「複数の警官が車両に近づいたところ、男性の運転手が自分で撃ったことによる銃創を負っているのを発見した」と警察は発表。容疑者は後に病院で死亡したという。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
フランクリン郡保安官「容疑者は動揺していた」(英語ビデオ)

フランクリン郡保安官「容疑者は動揺していた」(英語ビデオ)

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
救急車を警官や警察車両が取り囲む(英語ビデオ)

救急車を警官や警察車両が取り囲む(英語ビデオ)

犯行声明には怒りが連綿と

フラナガン容疑者のツイッター・アカウントには、死亡したワードさんとパーカーさんに何らかの恨みを抱いていたとうかがわせる内容が書いてあった。

Image copyright Twitter
Image caption ベクター・フラナガン(通称ブライス・ウィリアムズ)容疑者のツイッターやフェイスブックのアカウントは事件後、凍結された。
Image copyright WDBJ7
Image caption 生中継映像が銃を手にした容疑者と思われる男の姿をとらえていた。

警察は、容疑者が事件前夜にソーシャルメディアに書いた内容から、計画的な犯行のようだと見ている。

一方で米ABCニュースは、フラナガン容疑者が26日朝に送ったと思われる、23枚に及ぶ犯行声明をファックスで受け取ったと明らかにした。怒りが「どんどんふくれあがっていった」と書く容疑者は、チャールストンの教会銃撃事件への報復が目的だと書いていたという。

ファックスではさらに、職場での人種差別やいじめなどへの不満、さらにはアメリカ各地の学校や大学で起きる乱射事件の実行犯に対する称賛の言葉が連綿とつづられていたという。


「2人がチームにどれほど愛されていたか」

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
バージニアのテレビ局WDBJ7のゼネラル・マネージャー、ジェフリー・A・マークス氏者とカメラマンの死亡を発表(英語ビデオ)

バージニアのテレビ局WDBJ7のゼネラル・マネージャー、ジェフリー・A・マークス氏者とカメラマンの死亡を発表(英語ビデオ)

銃撃後も放送を続けたWDBJ7局のスタッフは、同僚の突然の死に衝撃と悲しみをあらわにした。

同局のゼネラル・マネージャー、ジェフリー・A・マークス氏は放送中に、「とても悲しいお知らせをしなくてはなりません。警察や同僚たちの協力を得て、アリソンとアダムが今朝、午前6時45分に銃声が鳴り響いた直後に亡くなったことがわかりました」と発表し、「2人がWDBJ7のチームにどれだけ愛されていたか、言葉にできません。私たちは打ちのめされています」と語った。

マークス氏は容疑者について「不満の多い」人物で、「一緒に働くのが難しく」、最終的に解雇された時には複数の警官によってテレビ局の外に連れ出されたほどだったと話した。

マークス氏はさらに、容疑者が機会均等委員会に提出していた申し立ては却下されたと付け足した。

WDBJ7のアナンサー、クリス・ハーストさんはツイッターで、自分とパーカーさんは9カ月近く交際を続け、結婚するつもりだったと書いている。

Image copyright Chris Hurst

「僕たちは9カ月近く一緒にいました。お互いにとって人生最高の9カ月だった。結婚するつもりだった。彼女の24歳の誕生日を祝ったばかりでした」とハーストさん。「あんなにキラキラした女性に会ったことがなかった。それがどういうわけか、彼女の方も僕を愛してくれた。両親ときょうだいを愛していた」。

ハーストさんによるとパーカーさんは普段から日常的にワードさんと組んで取材活動をしていた。ワードさんは同局のプロデューサーと婚約しており、ハーストさんはその婚約者のことを思うととても辛いとも書いている。

ホワイトハウスのアーネスト大統領報道官は報道陣に、新たな銃規制法の必要性を強調。「連邦議会にしかできない、やって当たり前のことがいくつかある。この国で相次ぐ銃による暴力事件を減らすために、議会にしかできない具体的なことがいくつかある」と述べた。

Image caption 銃撃現場となったブリッジウォーター・プラザのショッピングセンター(左下)と、容疑者が自殺した現場(上)の位置関係。

アリソン・パーカーさんの経歴

  • 24歳。WDBJ7の朝の情報番組「Mornin'」の記者。
  • バージニア州マーティンズビル出身。大学の学生新聞の編集。
  • インターンを経てWDBJ7に入社。同局の放送を見て育ったと。
  • アナウンサー、クリス・ハーストさんと交際していた。

アダム・ワードさんの経歴

  • 27歳。WDBJ7のカメラマン。
  • バージニア州セイレム出身。バージニア工科大学卒業。
  • WDBJ7の上司は、まじめで「優れたフォトジャーナリスト」と。
  • 同局のプロデューサー、メリッサ・オットさんと婚約していた。