生中継中に記者ら銃撃で死亡 米テレビ局トップが放送で発表
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

生中継中に記者ら銃撃で死亡 米テレビ局トップが放送で発表

米バージニア州ベッドフォード郡で8月26日早朝(日本時間同日深夜)、地元テレビ局WDBJ7がインタビューを生中継中に記者たちが銃撃され、24歳の女性記者と27歳の男性カメラマンが死亡した。

事件発生から約7時間後、警察は容疑者が自殺したと発表。同局を解雇された41歳の元職員だったという。

こちらは事件の発生から間もなく、職員2人の死亡を、同局のゼネラル・マネージャー、ジェフリー・A・マークス氏が放送本番中に発表した際の映像。