東京の名所「ホテルオークラ東京」本館が閉館

Exterior shot of the Hotel Okura 31 August 2015 Image copyright Getty Images
Image caption ホテルオークラ東京の本館。9月には取り壊され、2019年には41階建ての高層タワーとなって再開する。2015年8月31日。

 東京の名所で日本を代表する高級ホテルのひとつ、「ホテルオークラ東京」の本館が8月31日、閉館した。2020年東京五輪に向けて取り壊され、新しく建てられる高層タワーホテルに姿を変えて2019年に再会する予定。

建築家の谷口吉郎氏の設計で1962年に開業した本館は、モダニスム建築の傑作で、1960年代の日本建築の代表的な作品と世界的に評価されてきた。世界各国の元首や首脳、著名人の宿泊先として好まれ、ジェイムズ・ボンド・シリーズで日本を舞台にした原作小説「007は二度死ぬ」ではボンドの滞在先として登場する。オバマ米大統領も2009年の訪日時に宿泊している。

最終営業日となった31日夜には、ロビーで記念のコンサートが開かれた。本館は9月に取り壊されるが、別館は営業を継続。本館跡地には谷口氏の長男、吉生氏が設計を手掛けた41階建て客室510室の、ガラス張りの高層タワー2棟が登場する予定だ。

Image copyright Getty Images
Image caption ホテルオークラ本館の最終営業日、別れを惜しむ常連客を前にコンサートが開かれた。2015年8月31日。

ホテル側は、「5つ星」の評価を維持するには、建て直しが必要だと説明する。広報担当は、「老朽化のため、日本のホテルとして最高級のサービスを提供するのが難しくなっている」とAFPに話した。

Image copyright AP
Image caption オバマ米大統領も訪日時にはホテルオークラに滞在した。2014年4月撮影。

「文化の破壊」

その一方で、本館の取り壊しに対しては批判や反対も強く、インターネットを中心に保存を求める署名などが展開された。

英雑誌「モノクル」は、オークラ本館閉鎖について「取り返しのつかない損失で、胸が痛む」と書いている。

建築の専門家の間でも、オークラ本館のデザインはユニークで代用が効かないと指摘。東京都市大学で都市空間デザインを教える山根格教授は「文化の破壊だ。日本の美意識を西洋式ホテルに本当の意味で融合させた、ただひとつの建物だったのに」とAFPに話している。