エリザベス英女王、最長在位への祝辞に感謝

The Queen, the Duke of Edinburgh and Nicola Sturgeon Image copyright Reuters

9日にビクトリア女王を抜いて英国史上最も在位期間の長い君主になったエリザベス英女王(89)は、国内外から寄せられた祝辞に対して「心にしみる優しい言葉」だと感謝した。

同日、スコットランドの新しい鉄道開通式典に出席したエリザベス女王は、在位期間が最長の君主になることは決して「望んだものではない」とも述べた。

エリザベス女王の在位期間は現地時間の9日午後5時半に2万3226日と16時間と約30分となり、高祖母にあたるビクトリア女王の在位期間を抜いた。

「鉄道に乗ってここに来られて嬉しい」と語った女王が、集まった人たちと言葉を交わす場面もあった。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
"A long life can pass by many milestones - my own is no exception"

<英語ビデオ>女王のスピーチ「長い人生にはどうしても多くの節目が」

女王はスピーチで「長い人生にはどうしても多くの節目がやってきて、私の人生も例外ではありませんが、国内また海外から寄せられた、心にしみる皆さんの優しい言葉に感謝します」と述べた。

新記録を達成した日の女王の日程

  • 夫のエジンバラ公と共に、エジンバラからツイードバンクまで旧式の機関車に乗り、総工費2億9400万ポンド(約543億円)の新しい鉄道「スコティッシュ・ボーダーズ」の開通式典に出席
  • 同イベントにはスタージョン自治政府首相も出席し、女王の「献身と見識、模範とすべき公務への姿勢」に賛辞を送った
  • ロンドンでは、テムズ川で祝賀の水上パレードが行われ、歴史的な船舶、クルーザーなどが参加。英海軍の軽巡洋船ベルファストが祝砲を鳴らした。
Image copyright Buckingham Palace
Image caption 女王が在位期間最長の英国君主となる記念に、王室が新しく写真を公開した

エリザベス女王の父王ジョージ6世は1952年2月6日未明に亡くなったため、王位継承者だったエリザベス王女が女王となった正確な時間は分かっていない。ビクトリア女王は1837年に18歳で即位した後、1901年に死去するまで63年7カ月と2日間、在位した。

英下院は、議員らがキャメロン首相と共に女王に祝辞を述べられるよう、9日の通常業務の開始時間を30分遅らせた。

キャメロン首相は、女王の長年の献身は「真に謙虚な気持ちにさせられる」と称賛。女王が変化の多い時代における「安定の礎石」だと述べたほか、「戦後の各世代を結ぶ黄金の糸」だと表現した。また、女王がこの日をいつも通りにしたいと希望したのは「公務への無私の態度を端的に表している」と指摘した。

野党・労働党の暫定党首ハリエット・ハーマン氏は、女王が「世界中の何十億人もの人から敬愛されていると言っても大げさではない」と語った。

閣僚らは女王との謁見で、1952年に当時のウィンストン・チャーチル首相率いる内閣が、女王にとって初めての「クイーンズ・スピーチ(施政方針演説)」の内容を承認した時の書類を女王に渡すことになっている。

貴族院では、ストーウェル議長(女男爵)が女王が「ゆるがない慈悲、威厳と良識」で公務に当たったと述べ、これからも在位が長く続くよう願うと語った。


【解説】BBC王室担当特派員、ピーター・ハント

この日の意義について高い関心と祝いの言葉が多く寄せられていたが、女王本人からそのような言葉は全くなかった。

いつも通りの日とは到底言えないのに、女王はいつも通りに過ごした。長い在位期間をもってしても女王の演説嫌いは変わらないが、最長在位について触れたわずかな言葉には英国人らしい控えめさが表れていた。

自身の高祖母を超える在位期間となるのは望んだものではない、と女王は語った。長生きしただけのことだと。

スコットランドではーー連合王国のほかの地域でも、もちろんそうだがーー女王の長寿と最長在位は、盛大に祝われた。

一日の公務を終えて女王がプライベートでこの記録更新を祝う際には、エジンバラ公がそばにいるだろう。結婚生活は67年に及び、目が回るような変化があった時代に、一つの持続性を与えてきた。


Image copyright Getty Images
Image caption エリザベス女王と、これまで最長在位だった高祖母のビクトリア女王
Image copyright PA
Image caption ロンドンのテムズ川では在位期間記録の更新を祝う水上パレードが行われた(9日)
Image copyright PA
Image caption 女王を歓迎する子どもたち(ツイードバンクで、9日)
Image copyright AFP
Image caption 新鉄道の開通式典に出席したエリザベス女王(9日)
Image copyright PA
Image caption 女王夫妻を歓迎するバグパイプの楽団(エジンバラで、9日)

この話題についてさらに読む