国境なき欧州 理念生まれたシェンゲンで
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

国境なき欧州 理念生まれたシェンゲンで

欧州統合の理念を体現する制度の一つであるシェンゲン協定は、国境を越えた人の自由な移動を可能にした。いま、移民危機に欧州各国が苦慮するなか、理念のふるさとであらためて現代的な意義を再考する。

BBCのクリス・モリス記者は、30年前に協定が署名されたルクセンブルクのこの街を訪れ、現地の人々にインタビューした。