ジョコビッチがフェデラー抑えて全米オープン優勝

Novak Djokovic celebrates his US Open win Image copyright Reuters
Image caption ジョコビッチは2015年にグランドスラム大会を3度優勝(13日)

テニスの全米オープン最終日13日に行われた男子シングルス決勝で、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が同2位のロジャー・フェデラー(スイス)に6-4、5-7、6-4、6-4で勝ち、同大会2度目の優勝を果たした。四大大会(グランドスラム)優勝は通算10回目。

ニューヨーク・フラッシングメドウズのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターに集まった観客の多くは、3年ぶりのグランドスラム優勝を目指していた34歳のフェデラーを応援していたが、28歳のジョコビッチはプレッシャーをはねのけた。

雨天のため開始が3時間以上も遅れたナイター試合で、ジョコビッチはフェデラーのサーブを6回ブレークし、23回のブレークポイントから19回も巻き返した。

Image copyright Reuters
Image caption ジョコビッチ対フェデラーの対戦記録はこれで互いに21勝21負のタイに

「最高のシーズン」

ジョコビッチは6月の全仏オープン決勝でワウリンカに敗れたため、年間グランドスラムは逃したが、グランドスラム優勝は通算10回目となり、歴代7位に。

グランドスラム最多優勝の男子選手は
17回: ロジャー・フェデラー
14回: ピート・サンプラス、ラファエル・ナダル
12回: ロイ・エマソン
11回: ロッド・レーバー、ビヨルン・ボルグ
10回: ビル・ティルデン、ノバク・ジョコビッチ

「素晴らしいシーズンだった。2011年と並んで人生最高だ」とジョコビッチは試合後に話した。2011年にもグランドスラム大会で3回優勝している。

「だけど今回は前より嬉しい。夫として、父親としてのシーズンだったので、その分だけ素敵だ」とジョコビッチ。

一方のフェデラーにとっては2009年以来の全米オープン決勝で、観客に「来年また会おう」と呼びかけると大歓声を浴びていた。

「自分の試合ぶりの今の状態に満足している。(ジョコビッチ相手の試合は)いつも大変で、お互いに試合が終わるたびに相手の戦い方や相手についてより詳しくなっている気がする」とフェデラーは振り返った。

Image copyright Getty Images
Image caption ジョコビッチはブレークポイント23回の内19回を守り切った
Image copyright Getty Images
Image caption フェデラーは2012年ウィンブルドン以来のグランドスラム優勝のために戦った
Image copyright Getty Images
Image caption フェデラーとジョコビッチがグランドスラム大会で対戦するのは14回目で、他のどの組み合わせよりも多い。14回の対戦でジョコビッチが8勝。

この話題についてさらに読む