ロシアのシリア空爆は「無差別」と米批判

Aftermath of an airstrike in Talbiseh, Syria. 30 Sept 2015 Image copyright AP
Image caption シリア・タルビセの空爆跡(9月30日)

米ホワイトハウスは1日、ロシアがシリアの反政府勢力に対して行っている空爆は「無差別」で、ロシアが紛争に深入りしていく危険があると警告した。アーネスト大統領報道官が会見で述べた。

アーネスト報道官は「シリアの反政府勢力に対する無差別攻撃は、ロシアにとって危険だ。シリア内の対立を長期化させるだけだ。下手をすると、終わりの見えない対立にしてしまうかもしれないし、ロシアがこれまで以上に渦中に引きずり込まれる恐れもある」と指摘した。

報道官によると米ロ両政府の担当者たちは1日、数時間にわたりシリアにおける「衝突回避」作戦について協議した。今後も協議を重ねていく方針という。

これに先立ちロシアは、先月30日に続いて1日にも2回目の空爆作戦を実施し、ISの司令拠点や弾薬置き場を爆撃したと発表した。空爆は、ホムス、ハマ、イドリブの各県で行われたもようだ。

ロシアのラブロフ外相は国連で、ロシアの標的はアメリカ主導の連合国と同じだと説明し、ロシアはシリア政府軍を後押しするつもりはないと言明。空爆の標的は過激派勢力「イスラム国」(IS)とそのほかの武装勢力の拠点で、テロ組織「アルカイダ」系列のアルヌスラ戦線も攻撃する方針だと説明した。

外相は「自国民に敵対するいかなる勢力も支援しない。我々はテロと戦うのだ」と述べた上で、標的は「シリア軍と調整」して選んだと説明した。

ロシア側のこうした主張に対して、シリアの反政府勢力や地元住民らは、被害を受けているのは、ロシアが後押しするアサド政権に敵対する勢力だと指摘している。また、反政府勢力や地元住民らはロシア空爆で民間人の犠牲が出ていると非難するが、ロシア当局は民間人のいる地域は爆撃していないと説明している。

シリア政府軍は数カ月前から、ISやその他の武装勢力の攻撃によって後退を続けていた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
Russian Foreign Minister, Sergei Lavrov said Russia sees "eye to eye" with the coalition on fighting terrorists

<英語ビデオ>ラブロフ露外相は、シリアでテロリストと戦う連合各国とロシアは「完全に一致している」と

Image caption シリア国内でロシアによる空爆が報告された場所

ラブロフ外相は、空爆対象地域をイラクに拡大する予定はないと述べた。

一方で、ロシア同様にアサド政権を後押しするイランは、ロシアの空爆作戦を「テロ掃討と現在の危機解決への第一歩」と評価している。

この話題についてさらに読む