アフガン・クンドゥズの病院空爆は「誤り」 米軍司令官が議会証言

Gen John Campbell in Washington prior to testifying before the Senate Armed Services Committee (06 October 2015) Image copyright AP
Image caption 米上院軍事委員会の公聴会で証言に臨むアフガニスタン駐留米軍のキャンベル司令官(6日)

アフガニスタン政府軍とイスラム過激派勢力タリバンの攻防が続く北部主要都市クンドゥズで医療慈善団体「国境なき医師団」(MSF)運営の病院が3日に爆撃され22人が死亡した問題で、アフガン駐留米軍のキャンベル司令官は6日、誤爆だったと認めた。その上で司令官は、米軍が医療施設を意図的に攻撃することはありえないと強調した。

キャンベル司令官は米上院軍事委員会の公聴会で証言し、病院への攻撃はアフガニスタン政府軍の要請に基づくものだったが、「空爆するという決断は、米軍の指揮系統の中で決定した、アメリカの判断だった」と説明。今回のような間違いを回避するため、事前に米軍として「徹底した」確認手続きを経てのことだったと説明した。

司令官によると、アフガニスタン政府軍は現地入りしている米軍特別部隊に、病院攻撃を要請してきた。これを受けて病院を爆撃したのは米軍のAC130ガンシップ(対地攻撃機)で、地上の特別部隊と連絡を取り合っていたという。

「病院は誤って攻撃された」、「保護下にある医療施設を我々が意図的に標的にするなどありえない」と司令官は述べた。

その一方で司令官は、勢力を回復しているタリバンを掃討し、アフガン軍の戦闘能力を維持するためには、アフガニスタンにおけるアメリカの軍事的プレゼンスを2016年以降に増強する必要があると指摘。「治安は厳しい状態」にあるため、駐留米軍の撤退・削減は再考を要するかもしれないと述べた。

司令官は、病院への攻撃を回避するための手順に従わなかったのは誰かなど、これ以上詳細を明らかにすることは現時点ではできないと述べ、結論を出すには複数の内部調査の結果を待つ必要があると説明した。

ホワイトハウスは6日、司法省が空爆の事実関係を調べると発表。同様の調査が国防総省、北大西洋条約機構(NATO)、米・アフガニスタン合同チームなどによって行われているという。

Image copyright AP
Image caption 3日の空爆で破壊されたクンドゥズの病院

MSFは戦争犯罪だと

病院空爆によって患者と職員を失ったMSFは、第三者による国際的な事実関係の調査を求め、ツイッターで支援を呼びかけている

MSFは、アフガニスタン政府の声明から攻撃は意図的なものだったことがうかがえると指摘し、戦争犯罪を認めたに等しいと非難している。

MSFは、誤爆だと言うアメリカの説明を受け入れず、「そうではないと証明されるまでは、これは戦争犯罪だという前提で進む方針だ」と声明を発表した。3日未明に空爆が始まってMSFはただちにアフガン軍や米軍上層部に連絡したにもかかわらず、その後も少なくとも30分は攻撃が続いたという。

「病院はよく知られていて、GPS上の位置は定期的に連合諸国やアフガニスタン軍、行政関係者に連絡していた。直近では9月29日にも連絡していた」とリュー会長は指摘し、「単なる間違いや、戦争では避けがたいやむを得ない事態と済まされるのは受け入れがたい」と非難を重ねた。


<解説>ニック・ブライアント、ワシントン

アフガニスタン駐留米軍のトップが米連邦議会を前に使った表現は、指揮系統を意識している軍人としては当然の慎重なものだったが、キャンベル司令官の言わんとするところは明白だった。来年末までにアフガン駐留米軍を現在の兵士9800人から1000人に削減しようという現行の計画を、オバマ政権は再考するべきだと、司令官は主張していた。

全軍の最高司令官にあたるオバマ大統領が、撤退計画を再検討すべきか質問された司令官は、「はい」と答えた。

駐留米軍の規模を、首都カブールの米国大使館に駐屯する治安部隊のみに減らしたりすれば、アフガン軍に訓練と助言と支援を提供する能力が「非常に制限される」と司令官は述べ、対テロ作戦についても「現状よりはるかに限定的なものになる」と指摘した。

軍は現行の削減計画に代わる案をすでにホワイトハウスに提示しているが、司令官は詳細については説明を避けた。ただし「通常の大使館駐屯の規模を超えた」選択肢を提示しているという。

要するに、タリバンが勢力を回復しつつあり、アフガニスタン軍だけではこれに対抗できない以上、米軍がアフガニスタンを離れるわけにはいかない、というのが司令官の主張だ。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
アフガン病院の空爆に「激しく動揺」 国境なき医師団
Image caption クンドゥズの位置と市内の病院の位置
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
空爆巻き込まれた「国境なき医師団」病院 負傷者の証言

この話題についてさらに読む