Google.comを学生が1分だけ所有……グーグルが「バグ報奨金」

Google logo Image copyright AFP
Image caption Google.comのドメインがグーグル自身のサイト売買サービスで売りに出されていた

大手検索エンジン「グーグル」のドメイン「Google.com」をアメリカの学生が9月29日、約1分だけ買い取ることに成功し、グーグル社が手続きの問題点発見につながったと謝礼を払った。

アメリカの大学の経営学修士(MBA)課程にいるサンメイ・ベドさんがLinkedInのサイトで明らかにしたところによると、ベドさんはかつてグーグル社で働いていた経験があるため、かねてからグーグル関連のドメインに注目していた。9月29日未明にグーグル自身のサイト売買サービスでいろいろなサイトのドメインが売りに出されているのを眺めていた際、「Google.com」の名前に「売出し中」の印が付いているのに気付いた。

ベドさんはクレジットカードで12ドル(約1440円)を払い「Google.com」のドメインを取得。すると自分がオーナーになったという確認メールが送られてきたという。そしてそれからただちに、グーグルのウエブ管理チームあてのメッセージが届くようになった。

少しすると、サイト売買サービスからキャンセルのメッセージが届き、「Google.com」はすでに別の人が登録しているので自分が買い取ることはできないと通知され、12ドルは払い戻されたという。

ことはこれで終わらず、グーグル社のセキュリティー担当チームがベドさんに、ドメイン売買システムの弱点がこれで見つかったと「バグ報奨金」を支払ったという。ドメイン所有者だった間にベドさんが受け取った社内メールは、このセキュリティー担当チームに引き渡した。

ベドさんは受け取った謝礼をインドの教育基金に寄付。グーグル社はそれを受けて、謝礼金を倍増した。

グーグル社は取材に対して、この件についてコメントはしないと答えている。