【移民危機】バルカン半島で緊張高まる スロベニアが移民通過を制限

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
Damian Grammaticas reports from the Serbian-Croatian border where hundreds of migrants have been stranded

<英語ビデオ>BBCデイミアン・グラマティカ記者がセルビア・クロアチア国境で足止めされた移民を取材した

大勢の移民流入が欧州に向かうなかでハンガリーが国境を閉鎖したことから、バルカン半島各国で移民対応をめぐる緊張が高まっている。クロアチアは北の隣国スロベニアに1日当たり5000人の移民受け入れを要請したが、スロベニアはその半数のみ受け入れるとしており、国境では足止めされた移民が増え続けている。

当局者がBBCに語ったところによると、クロアチア内の臨時キャンプが数日中に定員を超える可能性がある。18日には、大勢の移民を乗せたバスがセルビアで停止させられ、不満を高める移民と警察との間でいさかいが起きた。警察側も人手不足に悩まされている。

バルカン諸国を移動する移民たちは、オーストリアやドイツをはじめ欧州連合(EU)加盟国への入国を目指している。

ハンガリーは、警備上の問題があるとして、セルビアとクロアチアとの国境を閉鎖。移民たちはスロベニアを通過してオーストリアに入るルートを使うようになった。スロベニア内務省高官のボスティヤン・セフィッチ氏は18日、通過する移民を制限する理由として、同国北にあるオーストリアが1日当たりの受入数を1500人に制限していることを挙げた。セフィッチ氏は、「この先、旅を続けられないと知りながら無制限に移民を受け入れられない」と語った。

Image copyright AP
Image caption セルビアとの国境で移民に指示するクロアチア警官(18日)

クロアチア東部のセルビア国境近くの臨時キャンプでは約5000人の移民が夜を過ごした。国境のセルビア側では約50台のバスに乗った数千の移民が18日早朝から足止めされている。

移民を希望するアフガニスタン人、モハマド・サミンさんは、「バスの中で4時間も待たされている」と話す。「寒すぎる。たくさんシャツを着こんだ。子どもたちも寒がっている。食べ物もない」と語る。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、スロベニアを通る新しいルートが多くの移民の困難な旅を長引かせていると指摘する。UNHCRのババール・バロク報道官は「ハンガリーによる国境閉鎖の決定が、ただでさえ苦しい状態にある人々の苦境をさらに深め、旅を長引かせたのは確かだ」と語った。

今年に入って、シリア人を中心に60万人以上の移民が欧州にたどり着いている。2014年の総数は20万人余り。

Image caption 欧州で亡命申請をしているシリア人の数(緑)と中東諸国で難民登録をしているシリア人の数(紫)(国連高等弁務官事務所資料より)

(英語記事 Migrant crisis: Tensions rise in Balkans as numbers grow

この話題についてさらに読む