腕のほくろの数で皮膚がんリスクを測定=英研究

A mole on the skin Image copyright Science Photo Library

英国で実施された調査で、腕に11個以上のほくろがある場合には皮膚がんの一種のメラノーマ(悪性黒色種)のリスクが平均以上になることが分かった。

キングス・コレッジ・ロンドンの研究者らは、英国内の女性の双子3000組を対象に8年間にわたって調査し、肌のタイプやそばかす、体のほくろに関するデータを集めた。その後、メラノーマを持つ400人の男女について調査し、皮膚がんリスクの簡単な測定法を見つけた。

調査では、女性の右腕に11個以上のほくろがあった場合、体全体に100個以上のほくろがある可能性が高く、メラノーマになるリスクも高まる。右腕のほくろを数えることで体全体のほくろ数を推計できるとされており、100個以上あった場合にはリスクは通常の5倍になるという。

研究論文の筆頭執筆者を務めたキングス・コレッジで遺伝疫学を研究するシモーヌ・リベロ氏は、「今回分かったことはプライマリ・ケアに大きな意味を持つ。家庭医がすぐに診察できる体の部位を使って体全体のほくろを非常に速く、より正確に推定できる」と語った。

共同執筆者のベロニク・バタイユ氏は、もし患者がいつもとは違うほくろが気になり家庭医に診てもらった際、腕のほくろを数えることで「警戒ベル」が鳴り、より早く専門医の診察を受けるべきか分かると説明する。

調査結果は皮膚科医療の英専門誌「British Journal of Dermatology」に掲載された。

英がん研究団体「Cancer Research UK」のクレア・ナイト氏は。調査結果が助けになるものの、すでにあるほくろがメラノーマになるのは半数に満たないと指摘する。「通常の状態がどうであるかを知っておき、ほくろの大きさや形、色、ほくろやほかの肌部分を触った感じを医師に伝えられることが重要」と述べた。


日光から皮膚を守る(英国民保健サービス/NHSの提供情報)

Image copyright Getty Images

日焼け止めの使い方

効果を示すSPF値は高い方が紫外線から保護される。少なくともSPF値15以上を使うべき。UVAやUVBからも保護されるものが良い。

日光にあたっていい時間は?

日焼け止めをぬっていなくても耐えられる時間以上よりも短く。日焼け止めを日に当たる時間を長くする言い訳にするのは良くない。

日焼けしてしまったら?

解熱鎮痛剤のアセトアミノフェンやイブプロフェンは炎症を抑え痛みを和らげてくれる。スポンジを使って冷たい水で肌を冷やし、カラミンローションなどを塗る。気分が悪くなったり、水膨れになった場合は医師に診てもらう。赤くなった皮膚が元に戻るまで日光には当たらないようにする。

ほくろが日光に当たらないようにすべき?

ほくろやそばかすが多い場合は皮膚がんのリスクも高く、より注意が必要。日焼けを起こさないようにする。日よけや衣服、SPF値15以上の日焼け止めを使う。皮膚の変化に注意し、もし変化があればすぐに医師にかかる。

Source: NHS


この話題についてさらに読む