イスラエル首相がホロコーストは「パレスチナ人のせい」と
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

イスラエル首相がホロコーストは「パレスチナ人のせい」と

イスラエルのネタニヤフ首相は20日、エルサレムの世界シオニスト機構で、ナチス・ドイツのヒットラー総統はユダヤ人を欧州から追放しようとしていただけで、民族虐殺をヒットラーに提唱したのは当時のエルサレムのイスラム教宗教指導者ハジ・アミン・アル・フセイニ師だったと発言し、国の内外から非難された。翌日には毎年恒例の首相会談のためにベルリンを訪問し、ホロコーストはドイツによるものと明言するメルケル独首相に「ホロコーストはヒットラーの責任だったと誰も否定してはならない」と発言した。