中国、米駆逐艦の航行を「違法行為」と非難 南シナ海

Two warships underway Image copyright Reuters
Image caption 米駆逐艦「ラッセン」(前)と韓国艦(今年3月撮影)

米駆逐艦「ラッセン」が南シナ海に中国が造成した人工島周辺の海域を航行したことを受けて、中国政府はこれを自分たちの国家主権を侵害する「違法行為」だと強く非難した。

米政府は「ラッセン」が27日に南沙(スプラトリー)諸島のスビ礁とミスチーフ礁から12カイリ(約22キロ)内を航行したと確認した。中国が人工島周辺の海域に領有権を主張していることに対抗する、「航行の自由」作戦の一環とみられる。

中国外交部(外務省)の陸慷報道官は、「他国の意図的な挑発行為には断固として対応する」と政府方針を表明。ラッセンを「追跡し警告した」と明らかにした。

中国外交部は米国大使を呼びつけて抗議している。

一方でカーター米国防長官は、上院軍事委員会に対してラッセンが人工島の12カイリ以内を航行したと説明した。

国防総省のアーバン報道官はこれに先立ち、「米国は国際法にのっとり、南シナ海で通常の作戦行動を展開している」と述べていた。

米駆逐艦の航行は、フィリピンや日本など東アジアの複数の国々に歓迎された。

米国防関係高官はロイター通信に対し、駆逐艦は27日未明にスビ礁とミスチーフ礁の近くへ航行を開始し、この海域に数時間留まる予定と明らかにしていた。同高官は米メディアに対し、哨戒機P8AやP3も同行するだろうと話していた。同様の巡視任務は今後も続く見通しという。

Image caption 南沙(スプラトリー)諸島で中国が進める人工島造成

中国は南シナ海と東シナ海の大半について、領有権を主張している。しかし、南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島、パラセル諸島、スカーボロ礁の周辺海域は資源が豊富とみられており、東南アジアの各国が権利を主張している。南シナ海は重要な海上輸送路でもある。

各国は国際海洋法に基づき、自然の島の周辺12カイリを領海と主張することができるが、海面以下にあった岩などを人工的に埋め立ててもそこに領有権は主張できない。

中国は2013年末から大がかりな埋め立て工事を開始し、暗礁を人工島に改造している。

中国はこの活動は合法だと主張。9月にワシントンで開かれた米中首脳会談で、習近平国家主席はオバマ大統領に対し、人工島を「軍事化するつもりはまったくない」と話していた。

しかし米政府は中国政府が、領有権主張を支えるために南シナ海に軍施設を建設しているとみている。


Image copyright AFP
Image caption 南沙(スプラトリー)諸島のファイアリー・クロス礁で建造中とみられる滑走路。今年4月撮影の衛星写真。米シンクタンクCSSI提供。

「航行の自由」とは

米国の「航行の自由」作戦は、世界の海や空に対する「過剰な主張」とみなす行為に対抗するためのもの。

国連海洋法条約への国際的な順守を促進するのが目的だが、米国は同条約を正式批准していない。

2013年と2014年に米国は、南シナ海で領有権を主張する中国やマレーシア、フィリピン、台湾、ベトナムに対してさまざまな形で「航行の自由」作戦を実施した。



お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
The BBC's Celia Hatton reports: ''This is a political issue and an economic one''

広大な海の真ん中になぜ小さい島をいくつも造るのかーーBBCニュース、シリア・ハットン記者(北京)

中国は海底から砂をくみあげ、既存の暗礁に積み上げ、新しい島をいくつか造りだすことで、アジアの地理を変更した。

莫大な費用のかかるこの作業を正当化するため、漠然とした説明が繰り返されてきた。公式には、島々は海難救助や環境関係の事業のためだということになっている。

習近平国家主席は人工島が「軍事化」されることはないと公約している。

しかし、中国の地政学的なねらいに疑いの目を向ける人は大勢いる。中国は近年、南シナ海での領有権主張を強めてきた。人工島に敷設した滑走路を駆使して、海域を支配するつもりではないかと批判する声は多い。

同時に米国もアジアでの影響力を積極的に行使し、アジアへの軍事的・経済的な注目の度合いを高めている。新しい島々はどれも相対的にはかなり小さいが、北京とワシントンの間に作り出しかねない緊張関係は大きいし、世界全体に波及しかねない。


USSラッセンとは

Image copyright US Navy
  • 米海軍が史上最強の駆逐艦のひとつと呼ぶ、アーレイ・バーク級駆逐艦。
  • 全長155メートル、総排水量9145トン。
  • 乗員約330人。
  • 哨戒ヘリコプター「シーホーク」2機およびイージス戦闘システムを搭載。
  • トマホーク・ミサイル、対潜ミサイルRUM-139アスロック、地対空ミサイルなどを搭載.

(出典・米海軍)


この話題についてさらに読む