中国が一人っ子政策を廃止へ 2人目を正式容認

A woman, pregnant with her second child, lies on a bed as her daughter places her head on her mother's stomach in Hefei, Anhui province, China, in February 2014 Image copyright Reuters
Image caption 2人目の子供の出産を待つ女性と長女。2014年2月、安徽省で。中国政府は2年ほど前から一人っ子政策を緩和し始めていた。

中国国営新華社通信によると、中国共産党は29日、1979年以来続いた一人っ子政策を終わらせると発表した。全ての夫婦が2人目の子供を持つことを認める方針という。少子高齢化対策への懸念から、政策転換への圧力が高まっていた。

人口抑制のために導入された一人っ子政策で、4億人の誕生が抑制されたと推測されている。政策に違反したカップルには、罰金から失職、人工中絶の強制に至るまで様々な罰則が加えられてきた。

その一方で、政策遂行の社会的コストや労働者人口の減少などから、政策継続に警鐘を鳴らす専門家が増えたため、地域によって例外を認めるところも増えていた。

中国共産党は2年ほど前から徐々に政策を緩和し始め、夫妻の少なくとも片方が一人っ子の場合は2人目の子供を持つことを容認するようになっていた。

Image caption 上のグラフは労働人口に占める24歳以下の割合の世界と中国の比較(赤線が中国)。下は労働人口に占める65歳以上の割合比較(同)。国連人口部統計より。

新華社が伝えた共産党中央委員会の声明では、子供を2人持つことを認める決定は「均衡のとれた人口の発展を改善し」、高齢化に対応するためと説明している。

現在の中国人口は13億6000万人で、そのうち約3割が50歳超。

国営人民日報傘下の英字紙グローバル・タイムズは30日付の社説で、政策の廃止は「人民の意志を反映したもの」として、一人っ子政策が広く批判されてきたと認めた。しかしその一方で一人っ子政策のおかげで「中国の出生率を抑制できて、資源消費圧力が和らぎ、勢いよく経済成長を実現できた」と成果を評価した。

北京大学の社会学者ル・ジエフアさんは国営英字新聞チャイナ・デイリーに対して、「1970年代に生まれたカップルは『最終バス』に乗り遅れないように2人目を作ろうとするかもしれないが、1980年代や1990年代生まれの人たちは急いで2人目をとは思わないだろう」と話している。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
【90秒解説】中国一人っ子政策転換 夫婦に2人目促す効果は?
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
中国一人っ子政策転換 人口高齢化すすむ「優等生」自治体では

中国の一人っ子政策

  • 1979年に導入。2人目の子供を持つには罰金を払うことになる国民の数は、2007年の中国政府によると人口の約3割とされた。
  • 農村部では、1人目が女の子の場合は2人目が許された。
  • 少数民族も例外で、2013年以降は、夫妻の少なくとも片方が一人っ子の場合は、2人目が許された。
  • 政策に反対する人たちは、これによって中絶が強制されたり、女の子の新生児が殺されたり、女児の出生届が提出されないなどの問題につながっていると批判してきた。
  • 中国の男女比が不均衡な原因ともされてきた。

現地の特派員たちは、政策が緩和されても、中国社会では一人っ子家庭が当たり前のものとされてきたため、今後も2人目を作らないというカップルが多いのではないかとみている。

BBCのジョン・サドワース記者は、仮に「二人っ子政策」を導入したとしても出生率は十分に上がらないだろうし、子供が3人以上欲しい女性にとっては、女性の出産の是非は政府が決めることという政府の主張が変わったわけではないと指摘する。

人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」のマヤ・ワンさんはAFP通信に対し、「人数の割り当てや監視の仕組みが続く限り、女性は出産の権利を保障されていることにならない」と述べた。

中国で最も声高に一人っ子政策に反対してきた活動家の一人で現在米国在住のチェン・グアンチェンさんは、今回の発表を「みんな慎重に受け止めるべき」と注意を促している。「すべての人にとって権利であるはずのものを、まだ政府が厳しく規制していることには変わりはない。規制をすっかりやめるべきだ」。


「私はきょうだいを2人失った」――BBCニュース、ジュリアナ・リュウ香港特派員

Image caption ジュリアナ・リュウBBC香港特派員と家族

私は一人っ子政策が導入された1979年に生まれた。当時すでに私は生まれるはずではなかった。

両親の職場では赤ちゃんの人数割り当てがあった。母親が妊娠を明らかにした時点で、すでにその年の新生児の枠はいっぱいだったのだ。

けれども心優しい役人たちは見て見ぬふりをして、私が生まれてくるのを許してくれた。私の後に生まれてくるはずだったきょうだいたちは、そうはいかなかった。

一人っ子政策のせいで、母は2度、中絶手術を受けさせられた。母や今でも「2番目」と「3番目」の話をして、どういう子だっただろうねと思いを巡らせている。


英オックスフォード大学のスチュアート・ギーテル=バステン助教授(社会政策)は論壇サイト「The Conversation」で、一人っ子政策を改革しても中国の人口に大きな変化はないが、むしろ「理屈に合わない不人気な政策に対する現実的な対応」だと書いている。

中国共産党は中央委員会第5回全体会議(5中全会)最終日に政策変更を発表した。5中全会では成長目標と次期5カ年計画も発表された。

Image copyright AFP

(英語記事 China to end one-child policy and allow two