ハッカー集団「アノニマス」、クー・クラックス・クラン名簿を公表

  • 2015年11月6日
Man wearing Anonymous mask Image copyright Reuters
Image caption 「アノニマス」を象徴する仮面をつけた男性。アノニマスは5日にKKK支持者の名前を公表すると予告していた。

国際的ハッカー集団「アノニマス」が5日、米国の白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン」(KKK)の支持者とされる約1000人の名前を公表した。アノニマスは10月末、5日に公表すると予告していた。今月初めに公表された名前はでまかせだったもようだ。

昨年8月に米南部ミズーリ州ファーガソンで10代の黒人青年が白人警官に射殺された後、警察に抗議する人たちに対してKKKは「死に至るほどの力」で攻撃すると脅迫していた。

これを受けてアノニマスはデータ暴露によって人種差別と暴力に抵抗すると、「覆面をとれ」をスローガンに「KKK作戦」の開始を表明。KKK支持者のツイッター・アカウントを入手したので、それをもとに把握した支持者の名前を公表していくと予告していた。

Image copyright Operation KKK
Image caption アノニマスは10月のこのツイートのように、KKKへの警告を繰り返している

アノニマスが今回公表したリストには、フェイスブックやGoogle+でKKK関連のグループに参加したり「いいね」を押したりした人たちの、ソーシャルメディア・プロフィールが詳しく載っている。プロフィールの多くは人種差別的な画像やスローガンを掲載していた。

アノニマスはハッキングではなく人的情報を活用してリストを作ったとしている。

「つまりリストに載っている人たちは、人間によって確認された。公然とした手法(専門家を取材)と秘密裏の手法(デジタル諜報やソーシャル・エンジニアリング)」を使った。ソーシャル・エンジニアリングとは、コンピューターをハッキングするのではなく人間からアクセス情報などを入手すること。

11月初めにインターネットに掲載された別の名簿は、複数の米国政治家をKKKメンバーとして「暴露」したが、アノニマスはただちにツイッターの@Operation_KKK アカウントからこれを否定。「この作戦を指揮するメンバーは、2015年11月5日にこのアカウントから発表するリストについてのみ、信ぴょう性を保証する」と発表していた。

アノニマスにとって11月5日は特別な日だ。反英王室のガイ・フォークスが1605年に英議会を爆破しようとした日で、映画「Vフォー・ヴェンデッタ 」で有名になった「ガイ・フォークス・マスク」が、アノニマスのシンボルにもなっているからだ。

「決して忘れない」

'I am absolutely not a member of the Ku Klux Klan'

<英語ビデオ>「KKK、お前たちを見ているぞ」と脅すアノニマスと、「私はKKKではない」と反論する人たち。

アノニマスは昨年11月、KKK関連サイトにアクセスを殺到させる「DDoS攻撃」を仕掛けたほか、KKK関連の2つのツイッター・アカウントを乗っ取った。

アノニマスはネットで文書を発表し、「お前たちがファーガソンで抗議する人たちをいかに脅したか、我々は決して忘れない。お前たちの今後の脅迫についても同様だ」とKKKに警告している。

アノニマスに詳しいガブリエラ・コールマンさんは、KKK関係者の暴露はアノニマスにとって「失地回復」を意味すると指摘する。アノニマスはこれまで、一部メンバーの問題行動や漏えい情報が不正確だなどの批判を受けているからだ。

予告より先に偽のデータが漏えいされたのも、社会正義を応援する集団として知られるようになったアノニマスの名誉にとっては痛手だ。

2012年には米オハイオ州で起きた16歳少女の強姦事件を隠蔽しようとしたとされる人たちの個人情報を暴露。今年夏には、デモの最中にガイ・フォークスの仮面をつけた男性を射殺したカナダ騎馬警察のウエブサイトを攻撃して使えなくした。

英国で毎年11月5日夜に行われる「ガイ・フォークス・ナイト」に合わせて、アノニマスはロンドン中心部などで抗議活動を実施。政府助成削減や政府監視に抗議するロンドンでのデモは、警官隊との衝突に発展し、少なくとも28人が逮捕された。

(英語記事 Anonymous posts Ku Klux Klan list

この話題についてさらに読む