【米大統領選2016】 人気番組出演のトランプ氏に「人種差別主義者」と「野次」

Republican presidential candidate Donald Trump files for the New Hampshire state ballot on November 4, 2015 in Concord, New Hampshire. Image copyright AFP/Getty Images
Image caption ニューハンプシャー州の共和党予備選に出馬を届け出たトランプ氏(4日)

2016年米大統領選に共和党から出馬している実業家ドナルド・トランプ氏が7日夜、米NBCテレビの人気コメディ番組「サタデー・ナイトー・ライブ」(SNL)に出演したところ、冒頭に1人で話す「モノローグ」の途中で、「人種差別主義者!(レイシスト!)」という「野次」が飛んだ。

ただし「野次」を飛ばしたのは、番組キャストのコメディアン、ラリー・デイビッド氏。デイビッド氏は「そうやって怒鳴れば、5000ドルもらえるっていうから」と説明した。メキシコ移民に対するトランプ氏の発言に怒る人権団体が、本人に向かって「レイシスト」と言った人に賞金を出すと発表したのが背景にある。

トランプ氏はこれに対して、「ビジネスマンとして、その理屈はとても良くわかる」と返答。スタジオの観客には、「自分は冗談が分かる男だと見てもらうため」に出演しているのだと説明した。

デイビッド氏は同番組で、民主党から出馬しているバーニー・サンダース上院議員の役を演じている。

賞金を出すと呼びかけていたラティーノ系人権保護団体「Depart Racism(人種差別を強制送還)」は、デイビッド氏が賞金を獲得したとツイートした。

ニューヨークのスタジオ内からの「野次」はこれだけだったが、NBCのスタジオの外ではラティーノ系に限らず人種差別に抗議する多くの人たちが、トランプ氏の出演や出馬に抗議した。

トランプ氏は今年6月に出馬を正式表明した際、メキシコ移民を強姦犯や麻薬密売人と呼んだ。

NBCテレビはそれから間もなく、「あらゆる人の尊厳尊重」が自分たちの価値観の基礎だとして、トランプ氏が権利を持つミスUSAやミス・ユニバースのコンテストの放映を中止した。

Image copyright AP
Image caption トランプ氏の「サタデー・ナイト・ライブ」出演に抗議する人たち(7日、ニューヨーク)
Image copyright Twitter/NBC
Image caption 番組の公式アカウントは、過去に番組でトランプ氏を演じた出演者たちにはさまれたトランプ氏の写真をツイートした
Image copyright Twitter/NBC
Image caption トランプ氏は事前収録のコントにも出演した

NBCは10月、トランプ氏のSNL出演を発表。トランプ氏は2004年にも出演している。

トランプ陣営は、人権団体からの抗議についてコメントしていないが、トランプ氏は6月にヒスパニックの従業員と自分は仲がいいし、「ラティーノたちはトランプが大好きで、私もラティーノが大好きだ」と発言している。

(英語記事 Donald Trump: Candidate called a racist on Saturday Night Live TV

この話題についてさらに読む