暴力が日常に エルサレムの若い女性4人が語る
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

暴力が日常に エルサレムの若い女性4人が語る

イスラエル人とパレスチナ人の間の暴力が10月に再燃して以来、国際社会が暴力停止を求めても、刺傷事件は後を絶たない。

11月5日現在でイスラエル人11人とパレスチナ人70人が殺害されている。

エルサレムに住む若い女性4人が、暴力が日常と化した生活への恐れやいらだちを話してくれた。

(英語記事 Living with violence in Jerusalem