太陽系で「最も遠い」天体を発見

Artist's impression of Sedna Image copyright NASA/JPL-CALTECH/R.HURT
Image caption 小惑星「セドナ」の想像図。軌道上で太陽から最も遠い時は1400億もキロ離れるという。

米国の天文学チームが10日、太陽系でこれまでで最も遠いとされる天体を発見したと発表した。

米ハワイ州にある日本の口径約8メートルの「すばる望遠鏡」で観測したところ、「V774104」と登録された天体は太陽から155億キロ離れたところにいる。これは太陽と冥王星の距離の約3倍だ。

天体の大きさは直径500~1000キロ。太陽系をどういう軌道で移動しているのか把握するため、引き続き観測が必要という。

米ワシントン近郊で開かれた米国天文学会の第47年次総会で発表された。

米カーネギー研究所の研究者スコット・シェパード氏とハワイのジェミニ天文台のチャド・トルヒロ氏が主導する、太陽系の外縁観測を専門とするチームが発見した。

これまで太陽系の最遠にあるとされてきた天体は、準惑星エリスだった。ディスノミアという衛星をもつエリスは、太陽から57億キロ~146億キロの範囲を周回する。

数十億キロという距離を分かりやすく説明すると、太陽からの地球の距離は1億4900万キロだ。主な惑星で最も遠い海王星でも太陽との距離は45億キロで、155億キロ離れている「V774104」と比べるとかなり近く感じる。

その一方で探査機ボイジャーは、わずかながらさらに遠くにいる。無人探査機は現在、地球から200億キロもの距離を飛行している。

大きな疑問点は「V774104」の軌道の形だ。エリスのように内側に向かうのか、あるいは小惑星「2012 VP113」や準惑星セドナのように外へ向かうのか。

分からない過去

「2012 VP113」やセドナは現在、エリスより少し近くにあるが、軌道を調べた結果、それぞれ660億キロと1400億キロ太陽から離れた外縁に出ていくとみられている。

太陽系の形に関するこれまでの研究にもとづくと、こうした天体は最初から特異な軌道の形をもって誕生したのではないと考えられる。

可能性の一つとしては、太陽系の誕生から間もなく外に追いやられた惑星が近くを通過した際に、重力が乱れ、太陽系の外へと移動する惑星の軌道に引っ張られたのかもしれない。

あるいは、46億年前に私たちの太陽が誕生する元となった同じガスやちりのかたまりから生まれた、別の恒星のかけらではないかという説もある。

(英語記事 ’Most distant' Solar System object spied

この話題についてさらに読む

関連リンク

BBCは外部サイトの内容に責任を負いません