パリ連続襲撃で130人近く死亡 仏大統領はISの「戦争行為」と

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
パリ連続襲撃 14日未明までに分かったこと

フランスの首都パリで13日午後9時すぎ(日本時間14日午前5時すぎ)、コンサート会場やレストランなどで銃撃や爆弾攻撃が相次ぎ、130人近くが死亡し、少なくとも180人が負傷した。80人は重体という。フランス政府は国境警備を強化し、国家非常事態を宣言した。オランド仏大統領は14日、過激派勢力「イスラム国」(IS)による「戦争行為だ」と非難した。

銃撃・自爆攻撃犯8人による連続攻撃は、「外部で計画・実行されたもの」だとオランド大統領は述べた。ISは犯行声明を出している。

オランド大統領は国として3日間の服喪を宣言。警備体制を最高レベルに上げ、非常事態を宣言した。

平時のフランスに起きた最悪の攻撃で、第2次世界大戦以降で非常事態が宣言されたのは4度目。前回は2005年のパリ郊外暴動だった。欧州での爆弾攻撃としては2004年のマドリード連続爆破事件以降、最悪の事態だ。

惨劇の夜が明けたパリの表情は

連続襲撃は13日午後9時過ぎ、パリ10区アリベール通りの「ル・カリヨン」バーで銃撃犯が発砲を開始して始まった。銃撃犯は続いて通り向かいの「ル・プチ・カンボジ」で発砲し、12人を殺害した。

「ル・プチ・カンボジ」の近くに住むピエール・モンフォールさんは「30秒にわたり銃声が続いた。花火かと思った」と話す。

少し離れたドラフォンテーヌ・オ・ロワ通りのピザ店「ラ・カサ・ノストラ」の屋外席にいた客も発砲され、少なくとも5人が死亡した。

ほぼ同時にパリ北郊の競技場スタッド・ド・フランスでサッカーの仏独親善試合を観戦していた約8万人は、キックオフから約30分後に競技場の外で3回の爆発を耳にした。その1人だったオランド大統領は最初の爆発音で、ただちに避難させられた。後に、競技場近くのファーストフード店や飲食店で攻撃犯3人が自爆したのだと明らかになった。

警察によると、競技場近くで自爆した犯人のひとりはシリアのパスポートを所有していたという。

この夜、最多の犠牲者を出したのは、パリ中心部のバタクラン・コンサート・ホールの襲撃だった。1500人収容の会場は、米ロックバンド「イーグルス・オブ・デスメタル」を聴きにきた人で満員だった。武装犯らが襲撃し、少なくとも80人を殺害した。

ラジオプレゼンターのピエール・ジャナスザクさんはAFP通信に「最初はコンサートの一部なのかと思ったが、すぐに理解した。ひたすら撃ち続けていた。まわりは血だらけで、死体だらけだった。悲鳴も聞こえて、みんな逃げ出そうとしていた」と話した。

ジャナスザクさんによると銃撃犯らは人質を20人とり、「オランドのせいだ。お前たちの大統領のせいだ。シリアに介入したのが悪いんだ」と話すのが聞こえたという。フランスはシリアにおけるIS空爆に参加している。

立てこもりから1時間しないうちに治安維持部隊が突入し、実行犯4人は全員死亡。3人は自爆し、1人は警察に射殺されたという。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
オランド仏大統領「フランスは戦う」 パリ連続襲撃

治安部隊の突入後にバタクラン・コンサート・ホールの現場に到着したオランド大統領は、襲撃犯とは「容赦なく」戦うと述べた。

目撃者が仏紙リベラシオンに話したところによると、パリ11区の「ラ・ベル・エキップ」カフェで銃弾100発以上が発射されるのを聞いたという。

複数の現場の様子を写真で

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
People could be seen escaping from the Bataclan concert hall shortly after a series of explosions

<ビデオ>銃撃犯たちが人質をとって立てこもったバタクラン・コンサート・ホールに突入する警察

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
13日夜にパリ北郊の競技場スタッド・ド・フランス外で自爆とみられる爆弾攻撃が相次いだ後の様子を現場にいた男性が撮影した

攻撃の現場

  • バタクラン・コンサート・ホール、11区ボルテール通り50番地―人質
  • ル・カリヨン、10区アリベール通り18番地―銃撃
  • ル・プチ・カンボジ、10区アリベール通り20番地―銃撃
  • ラ・ベル・エキップ、11区シャロンヌ通り92番地―銃撃
  • スタッド・ド・フランス近く、パリ北郊サンドニ―自爆攻撃の情報
  • 少なくとももう2カ所で銃撃音の報告

「イスラム国」は14日、「爆弾ベルトを身に着けアサルトライフルを手にした兄弟8人」が、「丁寧に選んだ」標的に攻撃を実施したとに犯行声明を出した。攻撃は、シリアとイラクのIS兵空爆にフランスが参加していることへの報復だとしている。

「イスラム国」のこの声明の少し前にオランド大統領は、フランスが「臆病でみっともない、暴力的な方法で」攻撃されたと述べ、「フランスは『イスラム国』兵に対して情け容赦なく反応する」と宣言。「国内と、国外では同盟国と共に、あらゆる戦場で」「法の枠内であらゆる手段を使う」と報復を約束していた。

14日のパリでは多くの公共の建物が閉鎖され、ディズニーランド・パリも営業を中止した。スポーツのイベントも中止になり、多くの大規模なイベントや集会は5日間、開催が禁止された。市民に対しては献血を呼びかける動きが広まっている。

警察は銃撃犯は全員が死亡したと見ている。7人は爆弾チョッキで自爆し、1人は治安維持当局に射殺された。しかし逃亡中の共犯者がいるかは不明だ。

オバマ米大統領は「罪のない市民を恐怖に陥れようという、言語道断の行為だ」と非難。

ローマ法王庁は「全人類の平和に対する攻撃」で、「殺人に至るあらゆる憎しみにわれわれ全員で対抗するなか、われわれ全員は断固として(フランスを)支援しなくてはならない」と呼びかけている。

キャメロン英首相は衝撃を受けていると述べ、「できることはなんでもする」と支援を約束した。

パリでは今年1月、イスラム過激主義の銃撃犯が風刺雑誌「シャルリ・エブド」の編集部やユダヤ系スーパー、巡回中の女性警官をそれぞれ襲撃し、合計18人を殺害している。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
Footage showed emergency services at the scenes of the attacks
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
Gregory Domine said he heard "automatic gunshots"

<英語ビデオ> 救急隊が到着した現場の状況

Image caption 連続攻撃の位置関係
Image copyright AP
Image caption スタッド・ド・フランスで行われたサッカーの仏独親善試合の後に銃撃や爆発の知らせが伝わり、ピッチになだれ込んだ観衆
Image copyright AFP
Image copyright Reuters

この話題についてさらに読む