ロシアがシリア難民を増やしている=G20でEU大統領

トルコで開かれたG20に到着したロシアのプーチン大統領 Image copyright EPA
Image caption トルコで開かれたG20に到着したロシアのプーチン大統領

トルコで15日に始まった主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で、欧州連合(EU)のトゥスク大統領は、ロシアのシリア国内での軍事行動が欧州を目指す難民を増やしていると述べた。

トゥスク大統領はロシアがシリアの「穏健な反体制派」でなく、過激派組織「イスラム国」(IS)への攻撃により注力すべきだと述べた。

ロシアはシリアの空爆はISを標的にしてきたと主張しているが、西側諸国の多くは、ロシアの目的はアサド政権を支えることだと懸念している。

G20では、通常は経済が主要な議題だが、今回はパリで13日夜に起きた連続襲撃事件が大きな議題になるのは避けられないもよう。

129人が死亡した連続襲撃事件についてはISが犯行声明を出しているが、トゥスク大統領は、米国とロシアがシリアでの対IS作戦で協力することが「不可欠」だと述べた。

難民の新たな波

トゥスク大統領は「さらなる協力だけでなく、より友好的な行為が求められている。特にロシアのシリア領内での行動に」と述べた上で、「もっとISにフォーカスを当てるべきだ。反体制派に対してではない、これは受け入れられない」と語った。

同大統領は、ロシアの軍事作戦は「新たな難民を生むだけで、実際にそうなっている兆候が出始めている」と述べた。

Image copyright AFP
Image caption G20会場でロシアのプーチン大統領(写真手前)と握手するオバマ米大統領

ISはシリアとイラク両国で広範囲な地域を支配している。過去にない数で欧州に到着する難民の多くがこの2カ国から来ている。

オバマ米大統領は、パリの連続襲撃事件について、「文明社会に対する攻撃」だとし、シリア内戦終結に向けた取り組みを「倍増させる」と約束した。

G20会場のテレビ撮影では、オバマ大統領がプーチン大統領と話す様子がとらえられていた。

(英語記事 G20 summit: Russia Syria action 'raising refugee numbers'

この話題についてさらに読む