【パリ連続襲撃】フランス国内の一斉摘発で数十人逮捕

16日午前11時の1分間の黙祷のため、パリのレピュブリック広場には数千人が集まった Image copyright Getty Images
Image caption 16日正午の1分間の黙祷のため、パリのレピュブリック広場には数千人が集まった

フランス・パリで129人が死亡した13日夜の連続襲撃事件を捜査するフランス当局は16日、国内でイスラム過激派に対する一斉摘発を実施し、23人を逮捕したと明らかにした。数十丁の武器も押収したという。

ベルギー・ブリュッセルのモレンベーク地区でも捜索が行われ、銃声や爆発音が報告されている。容疑者1人が逮捕されたという情報もある。

フランスをはじめ欧州各地では仏時間16日正午、教会の鐘が打ち鳴らされ、大勢が犠牲者のために1分間の黙祷を捧げた。

バルス仏首相は同日、連続襲撃はシリア国内で計画されたものだという見解を示した。またフランスやその他の欧州諸国でも新たなテロ攻撃が計画されているようだと述べた。

首相は、フランスが相手にしているのは単体のテロ組織ではなく「テロ軍隊」だと指摘。「攻撃作戦が計画されていたし、まだ計画されている。フランスに対してだけでなく、他の欧州諸国にもだ」と警告した。

バルス首相は、警察当局が16日早朝に国内150カ所で過激派の関係各所を家宅捜索したと述べ、「国家非常事態宣言の法的枠組みを活用し、共和国を公然と憎み過激派聖戦主義に参加する人々を事情聴取した」と説明した。

捜査筋によると、パリ郊外のボビニーやグルノーブル、トゥールーズ、リヨンなどで摘発が行われたという。

カズヌーブ内相によると、仏警察は一斉摘発で23人を逮捕し、カラシニコフ自動小銃やロケットランチャーを含む数十の武器を押収したという。

競技場やコンサートホールを襲った実行犯のうち7人が、自爆などで死亡している。すでに身元が判明していた5人に加え、新たに2人の身元が公表された。1人は今年、移民と一緒にギリシャに入国したことが確認されているという。

連続襲撃の容疑者たち

  • サラ・アブデスラム(26)- 指名手配中
  • モハンマド・アブデスラム - ベルギーで逮捕との情報
  • ブラヒム・アブデスラム(31)- バタクラン・コンサート・ホール近くで死亡した容疑者とみられる
  • オマール・イスマイル・モスタフェ(29)- バタクランで死亡
  • ビラル・ハドフィ(20)- スタッド・ド・フランス競技場で死亡した容疑者とみられる
  • アフマド・アル・モハンマド(25)、シリア・イドリブ出身 - スタッド・ド・フランス競技場で死亡との未確認情報
  • サミ・アミムール(28)、パリ付近出身 - バタクランで自爆
  • 市内の銃撃で2人死亡
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
【パリ連続襲撃】 今の気持ちを一言で……パリの人たちに聞く
Image copyright Reuters
Image caption 襲撃現場に近いレピュブリック広場にはたくさんの花やろうそく、そして「なぜ?」などの問いかけが手向けられている(16日)
  • 襲撃犯のひとりの遺体から発見されたシリア・パスポートが「アル・モハンマド」名義だったが、これが実際に実行犯の名前だったかは未確認。ギリシャ当局が今年10月にギリシャ・レロス島で移民登録した男から採取した指紋と、遺体の指紋が一致したことは確認されている。
  • アミムール容疑者はフランス当局からテロ罪で訴追されていたという。イエメン渡航を計画していた同容疑者はテロ共謀の疑いで保護観察中だった。2013年秋に保釈条件に違反して逃亡したため、国際指名手配されていた。親類3人が16日に拘束された。
  • 重要容疑者として指名手配されたサラ・アブデサラム容疑者は、89人が死亡したバタクラン・コンサート・ホール近くで発見されたフォルクスワーゲン・ポロをレンタルしたという。14日にはベルギー国境近くで男性2人と車に乗っているところを警察に止められたが、職務質問の後に通行を許された。警察は、同容疑者は危険なので発見しても近づかないよう呼びかけている。
Image copyright AFP
Image caption イスラム過激主義の拠点とされるブリュッセルのモレンベーク地区をベルギー警察が捜索
Image copyright Reuters
Image caption ブリュッセル・モレンベーク地区で容疑者を拘束するベルギー警察

捜査の焦点となっている場所の一つが、ベルギー・ブリュッセルのモレンベーク地区だ。貧しい住民が多く、イスラム過激派の拠点とみられている。モハンマド・アブデスラム容疑者はパリからモレンベークに帰国した際に逮捕されたという。

ベルギー当局はこれまでに7人逮捕している。

仏政府は15日、シリア・ラッカにおける過激派勢力「イスラム国」(IS)の重要拠点を空爆したと発表している。

主な襲撃現場

ラ・ベル・エキップ、11区シャロンヌ通り92番地―銃撃で19人が死亡

ル・カリヨンとル・プチ・カンボジ、10区アリベール通り―銃撃で15人が死亡

ラ・カーサ・ノストラ、11区フォンテーヌ・オ・ロワ通り92番地、銃撃で5人死亡

スタッド・ド・フランス、フランス北郊のサンドニ、自爆攻撃犯ら3人が死亡

バタクラン・コンサート・ホール、11区ボルテール通り50番地―武装した攻撃犯に襲われ89人が死亡。襲撃犯3人が場内で死亡、近くで容疑者1人死亡

Image caption 連続襲撃現場の位置関係

この話題についてさらに読む