【パリ連続襲撃】ベルギー、4人目起訴 ブリュッセルの警戒続く

ベルギー政府は首都ブリュッセルへのテロ攻撃に備えて最高レベルの警戒を30日まで継続へ Image copyright EPA
Image caption ベルギー政府は首都ブリュッセルへのテロ攻撃に備えて最高レベルの警戒を30日まで継続へ

ベルギー検察は23日、22日の一斉摘発で逮捕した男性を、13日のパリ連続襲撃に関与したとしてテロ関連罪で起訴したと発表した。パリ襲撃に関するベルギー当局による起訴はこれで4人目。一方でミシェル首相は、首都ブリュッセルで実施している最高レベルのテロ警戒を30日まで継続する方針を明らかにした。

ベルギー連邦警察によると、22日の摘発で逮捕した16人のうち男性1人を130人が犠牲になったパリ襲撃に関与したとして、「テロ組織の行動およびテロ攻撃に参加した」罪で起訴した。ほかの15人は不起訴で釈放したという。

23日朝にはさらに5人が逮捕され、2人は釈放されたがほかの3人については取り調べを続けているという。

ベルギー当局はすでに、モハメド・アムリ被告(27)、ハムザ・アトゥ被告(20)、および氏名未発表の男性1人を、パリ連続襲撃で指名手配中のサラ・アブデスラム容疑者を助けたとして起訴している。

一方でベルギー政府は、首都ブリュッセルに対するテロ攻撃の脅威が切迫しているとして21日から、テロ警戒レベルを最高の「4」に引き上げている。ミシェル首相は、攻撃の危険はいまだに深刻で切迫していると述べ、警戒レベルの維持を発表した。ただし学校や地下鉄は25日から再開する方針という。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
Belgian PM Charles Michel: "We ask our population to stay calm and alert"

<英語ビデオ> ミシェル・ベルギー首相が会見で「攻撃の脅威は切迫している」と

フランス警察は23日、パリ郊外モンルージュのゴミ捨て場に爆弾ベルトとみられるものを発見したと明らかにした。

携帯電話画像から、連続襲撃のあった13日夜深夜に指名手配中のアブデスラム容疑者が同地区にいたとみられている。同容疑者の兄ブラヒム・アブデスラム容疑者(31)は バタクラン・コンサート・ホール近くで自爆死したとされる。

厳戒下のブリュッセルを歩く BBCギャビン・リー

Image copyright Getty Images
Image caption ブリュッセル市内各地を警備するベルギー兵

ブリュッセル中心部の有名で美しいショッピングアーケード、ギャルリー・サンチュベールを今日歩いた。買い物客の数は片手で数えても余るほどだった。

居並ぶ有名チョコレート店で開いていたのは1軒のみ。店の外には警備の武装兵が並び、店の中には客はほとんどいなかった。

パステル色をした繊細なマカロンを選んでいたデンマークの観光客2人は、私が店に入ると肩越しに目線を向けてきた。

デリラさんは「確かに怖いです。それは認めます。ホテルのマネージャーには止めるよう言われたんですが、来てみようと思って。家族にお土産を買って、すぐに戻ろうって」と話す。

カウンターの後ろの販売員エバさんは、怖いと思うなら今日は休んでもいいと上司に言われたけれども、出勤することにしたと話す。

「もし今日休んだら、自分を裏切ることになると思うので。たとえお客さんが誰も来なくても」

厳戒態勢3日目のブリュッセルでは23日、大学や学校が休校となり、大型店舗やショッピングセンター、地下鉄もすべて休業した。普段は混雑する首都の街並みを、武装警官が警備して回った。

最高「4」レベルの警戒を30日まで続けると発砲したミシェル首相は、「平常通りの生活に次第に戻っていかなくてはならない」と強調した。

ブリュッセルを除くベルギー国内は、攻撃が「可能で信憑性のあること」を意味する警戒レベル「3」状態にある。

フランスではパリをはじめ国内各地の学校で、緊急避難訓練の実施や校舎外での駐車を禁止するなどの措置を導入している。

Image copyright EPA
Image caption フランスは空母からIS空爆を実施した

仏政府はさらに23日、地中海東部に新たに配備した空母シャルル・ド・ゴールから、過激派勢力「イスラム国」(IS)への初の空爆作戦を実施。仏国防省によると、イラクやシリアのIS拠点を空爆した。シリアにおける主要拠点ラッカも空爆したという。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
オランド仏大統領「フランスは戦う」 パリ連続襲撃

パリ連続襲撃を受けシリアやイラクのIS拠点空爆を強化すると表明していたオランド仏大統領は、23日朝にキャメロン英首相と共にバタクラン・ホール前の仮設慰霊碑で犠牲者を追悼した。

この後に大統領官邸のエリゼ宮で共同会見したキャメロン首相は、シリアでのIS空爆に英国も参加するべきと「強く確信している」とあらためて強調した上で、最終的に判断するのは英議会だと述べた。

この話題についてさらに読む