【パリ連続襲撃】警察摘発で死亡の首謀者は当日バタクラン付近に=仏検察

アブデルハミド・アバウード容疑者は18日朝、パリ郊外サンドニの摘発で死亡した Image copyright Reuters
Image caption アブデルハミド・アバウード容疑者は18日朝、パリ郊外サンドニの摘発で死亡した

パリ連続襲撃事件の首謀者とされるアブデルハミド・アバウード容疑者が、当日夜にバタクラン・ホール付近にいたことが明らかになった。仏検察のモラン主任検事が24日発表した。同容疑者は18日朝、パリ郊外サンドニの警察摘発で死亡している。

モラン検事によると、押収した携帯電話情報から、同容疑者が13日夜にバタクラン・ホールのほか襲撃したレストランやカフェも訪れていることが分かったという。検事はさらに、同容疑者がパリの商業地区ラ・デファンスでの攻撃も計画していたと示す証拠もあると明らかにした。

アバウード容疑者は自らバーやレストランでの銃撃に参加した後、共犯者と共に自動車でパリ郊外に逃れ、そこで車を乗り捨てたと見られている。

一方でベルギー当局は、共犯のひとりとしてモハメド・アブリニ容疑者を指名手配した。

新たに判明した事実

13日夜の連続襲撃からその後数日間の展開について、時系列が浮上しつつある。

  • モラン検事によると、アバウード容疑者は地下鉄で事件現場に戻ったと思われる。
  • 同容疑者はその後、パリ北郊で2日過ごした後、いとこのハスナ・アイト・ブラセン容疑者の協力を得てサンドニのアパートに入居。
  • 警察が18日朝にこのアパートを急襲。両容疑者と身元不明の3人目が死亡した。3人目は、アバウード容疑者と一緒にいた銃撃犯と思われている。
  • 調べによると、3人は18日と19日にパリのラ・デファンス地区で自爆攻撃を計画していたという。18日朝に摘発しなければ、実行していた可能性が高いと捜査当局は見ている。

サンドニのアパートをアバウード容疑者に貸し出した家主ジャワド・ベンダウード容疑者についても仏当局は24日、「テロ活動に関する犯罪的共謀」の疑いで取り調べを開始した。

Image caption 襲撃事件の現場、使用車両の発見場所、爆弾ベルトの発見場所、サンドニのアパートなどの位置関係
Image copyright Belgian police
Image caption モハメド・アブリニ容疑者。右側の防犯カメラ映像は、同容疑者がアブデスラム容疑者と車で、ルソン町のガソリンスタンドに立ち寄った際のもの。

「危険」な容疑者

ベルギー検察は24日、新たに指名手配したアブリニ容疑者が11日の時点で、パリに向かう幹線道路沿いのガソリンスタンドに、サラ・アブデスラム容疑者と車で立ち寄った様子が防犯カメラにとらえられていたと明らかにした。

検察は、アブリニ容疑者について「危険で、武装している可能性がある」として、発見しても近づかないよう注意を促している。2人が乗っていたルノー・クリオは2日後、連続襲撃に使用された。

Image caption パリ連続襲撃事件の容疑者たち。「Wanted」は指名手配中。

ベルギー検察はさらに、これまでに逮捕した男性2人の身元について部分的に情報を得たと説明。2人は「テロ組織の活動に参加」した疑い、および「テロ殺人」の疑いで拘束されている。

今のところ「アリ・O」、「ラゼズ・A」と呼ばれている2人は共にブリュッセル・モレンベック地区の出身で、近く個別に出廷する見通しだ。

24日にはワシントンでオランド仏大統領がオバマ米大統領と会談し、いわゆる「イスラム国」(IS)撲滅への決意を共にあらためて表明した。ISはパリ連続襲撃について犯行声明を出している。

オバマ氏はイラクとシリアにおけるIS拠点空爆にといて、米仏の協力を強化すると言明。さらに、搭乗客情報の提供を航空会社に義務付ける協定について、欧州連合(EU)に実施を呼びかけた。

仏政府筋によると、米仏首脳会談の数時間後に仏戦闘機がイラク・タルアファルのIS司令拠点を空爆したという。

この話題についてさらに読む