英下院でシリア空爆を2日に採決=キャメロン首相

Islamic State militant waving flag in Raqqa Image copyright Reuters

デイビッド・キャメロン英首相は11月30日、過激派組織「イスラム国」(IS)に対する空爆をシリア領内で行うことの是非を下院で2日に審議し、同日中に採決する方針を表明した。

野党・労働党のジェレミー・コービン党首は先に、空爆の是非については党議拘束せず所属議員に自由投票を許す考えを示している。

キャメロン首相は、議会の空爆への支持は「高まっている」とし、空爆は「正しい行動」であり国益にもかなうと述べた。

コービン党首は審議は2日間かけて行うべきだと首相を批判した。

コービン氏は、時間をかけて審議が行われないのは、シリアでの空爆が必要だとする首相の論理が「崩壊している」ことを示すとし、「性急に戦争を始めるべきではない」と述べた。

コービン氏は首相の発表に先立ち、審議を1日で打ち切ると「重要な発言機会を奪ってしまう」として、2日はとるべきだと述べている。

対するキャメロン首相は、パリで行われている国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)から帰国後に首相官邸で、討議は「非常に長時間で充実したものになる」と反論した。

同首相は、「通常2日間の議論で受けるのと同程度の質問の数に、1日で対応するようにする」と述べた上で、「政府提案を議員が十分検討し、意見を述べたり指摘したり、私に質問したりできるようにしたい」と付け加えた。


<解説>ローラ・クンバーグBBC政治編集長

デイビッド・キャメロン首相は過半数の支持が得られると確信できなければ、下院の審議にはかけないと主張してきた。

議員の多くはまだ立場を決めていない。そのため今後票数は変動する可能性がある。しかし、票読みでは内閣の主張が通るとの見通しが立っている。

議会筋の予想では、約380人の議員が賛成とみられ、反対は260人程度のみだという。どうみても賛成が過半を占める情勢だ。

しかし空爆についてキャメロン首相の主張が通ったとしても、より大きな、長期的な疑問が残る。

空爆で状況を変えられるのだろうか。信頼できる地上の武装勢力が本当にいるのだろうか。出口戦略は?――。リビアでは短期的な成功はあったものの、長期的には頭痛の種になった。


BBCのビッキー・ヤング政治担当編集委員によると、下院の審議了時間は通常の午後7時から午後10時まで延長され、その後採決される予定。審議時間は9時間に及ぶ予定という。

「慎重かつ責任を持って」

キャメロン首相はこれまで、議会の支持を得る確信がない限り、空爆拡大の可否を議会に問うことはしないとしてきた。

下院の支持は確保したのかと記者から問われた首相は、「シリアとイラクでのISIL(IS)攻撃を求める同盟国の声に応じるべき、という説得力ある主張について、議会内で幅広い支持が高まっていると確信している」と語った。

Image copyright EPA
Image caption 英空軍はすでにイラクでIS空爆を行っている

キャメロン首相は、ダーエシュとも呼ばれるISの存在は英国の安全保障への脅威だとして、シリア領内でも空爆を実施すべきとの主張をあらためて述べた。

同首相は、「テロリストの拠点は色々な意味で実際はシリアにある。ISILが国境を無視して動するのに、我々ばかりが国境を意識するのは意味がない」と語った上で、「国益にかなっており、正しい行動だ。同盟国と共に、慎重かつ責任を持ってこれを行う。しかし、我々の国の安全を守るために正しいことだと思う」と述べた。

「性急に戦争を始めようと」

首相は、昨年9月に議会が承認したイラク空爆は「成功した」と評価。「ISILの支配地域は3割縮小し、彼らのインフラ設備を破壊、後退させた。シリアに空爆を拡大するのは正しい」と強調した。

首相は軍事行動は「より幅広い戦略」の一部だと強調し、政治、外交、人道的な取り組みと並行すると説明。この戦略が成果を上げるには「時間がかかる」と認めた。

キャメロン首相は、「パリやアンカラ、ベイルートの街中で、そして実にチュニジアのビーチで英国人を襲い殺害したように、我が国の人々を脅かす」テロリストを攻撃するのは正しいことだと述べた。

Image copyright Reuters
Image caption コービン労働党党首は空爆に反対だが、所属議員には自由投票を許すという

コービン労働党党首の広報担当者は、「キャメロン氏が2日間の審議を拒否したのは、議論の正当性が失われつつあり、先週述べた主張が崩壊しつつあると認めているに等しい」と語った。さらに、「首相は、戦争開始へと性急に向かうのではなく、諸問題を十分論じる機会を議会に与えるべきだ。国家の安全保障に関わることは、政治的な便宜のために下院での通過をごり押しするにはあまりに重要過ぎる」と批判した。

この話題についてさらに読む