米福祉施設銃撃のマリク容疑者 イスラム教保守派傾向は結婚前から
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

加州銃撃のマリク容疑者 イスラム教保守派傾向は結婚前から

米カリフォルニア州サンバーナディーノで今月2日に起きた襲撃事件の容疑者について、人物像が少しずつ明らかになっている。容疑者2人のうち、妻のマリク容疑者はパキスタンの大学で学んでいた頃、イスラム教の超保守派ワッハーブの神学校にも通っていた。結婚前から強まっていた保守傾向のため、車の運転はせず、家族の男性ともやり取りを避けたという。