タリバンがアフガン・カンダハルの空港襲撃

カンダハルでは同日、警察署も襲撃されている Image copyright EPA
Image caption カンダハルでは同日、警察署も襲撃されている

アフガニスタン南部カンダハル州で8日、空港が武装勢力に襲撃され、少なくとも9人が死亡した。反政府勢力タリバンが犯行声明を出している。

空港は厳重に警備されているが、州政府報道官サミム・ホパルワク氏によると、「複数人の」武装勢力が空港ゲートを突破して敷地内に侵入した。

空港敷地内には、北大西洋条約機構(NATO)のアフガン駐留部隊とアフガン軍の合同司令本部がある。

アフガン当局によると、敷地内の兵士と武装勢力の間で激しい戦闘が繰り広げられた。

未確認のタリバン声明は、兵士80人を殺害したと主張しているが、この人数は裏付けがとれていない。

アフガン南部のラジズ・シルザイ空軍司令官はBBCに対して、死傷者の中には民間人も含まれると話した。少なくとも20人が負傷したという。

9日早朝の時点で戦闘が終結したのか、武装勢力は殺害されたのかなどは不明。

人質

Image caption カンダハルの位置

武装勢力は空港敷地内の学校に立てこもったという情報がある。

カンダハルの軍司令官ダウッド・シャー・ワファダル氏はBBCに、民家に侵入しその家族を人質にとった武装勢力もいると話した。

カンダハル空港のアフマドラ・ファイジ空港長はAFP通信に、インド行き旅客機への搭乗を待っていた乗客の一部が、民間機用ターミナルで立ち往生したと話している。民間機用ターミナルは戦闘現場から遠く離れているという。

今月8日からパキスタンで始まった地域会議では、タリバンとの和平協議が主な議題で、アフガニスタンのガニ大統領も出席を表明していた。

NATOや米軍の駐留部隊の大半が昨年撤収して以来、アフガニスタン国内の武力攻撃は増加しており、北部の主要都市クンドゥズを一時制圧するなど、タリバンはこのところ勝利を重ねている。

(英語記事 Afghan Taliban fighters attack Kandahar airport

この話題についてさらに読む