靖国神社内の爆発で韓国人を逮捕

事件当日、靖国神社を警備する警官 Image copyright AP
Image caption 事件当日、靖国神社を警備する警官(11月23日)

東京・靖国神社の公衆トイレで11月23日に爆発音がして爆発物とみられるものが発見された事件で、警視庁は9日、韓国人男性(27)を建造物侵入の疑いで逮捕した。事件で負傷者はいなかった。

NHKによると、逮捕された男性は事件当日、韓国に帰国していたが、羽田空港から再入国したところを逮捕された。男性は容疑を否認しているという。

日本メディアはこれまでに、神社や宿泊していたホテルの防犯カメラ映像から男性を特定していた。23日の爆発ではトイレの天井に穴が開いた。現場には電池や電線、金属製パイプなどが残されており、警察はパイプに爆発物が含まれていたとみている。

靖国神社には、A級戦犯を含む日本の戦死者が合祀(ごうし)されている。戦死者を追悼するだけでなく祭っているため、第2次世界大戦で日本と敵対した中国や韓国、北朝鮮は安倍晋三首相など保守系の政治家による参拝を問題視する。首相など政治家による参拝は、日本が過去の軍国主義を悔いていない証しだと中国など各国はみなしている。

Image copyright Reuters/Kyodo
Image caption 爆発音のあった現場へ向かう警視庁の爆発物処理班(11月23日)
Image copyright Getty Images
Image caption 靖国神社を訪れるのはナショナリストだけではない。夏の「みたままつり」には多くの参拝者が訪れる。

靖国神社が攻撃されたのは今回が初めてではない。

2011年には中国人男性が門に放火した疑いがもたれているが、韓国の法廷は日本への身柄引き渡しを拒否した(男性は2012年にソウルの日本大使館に火炎瓶を投げた罪で、韓国で有罪となり服役していた)。

2013年には韓国人男性がトルエン入りの容器を持って神社に侵入したところを見つかり、液体を拝殿に向かって投げつけた後に逮捕された。

この話題についてさらに読む