FIFA、ブラッター会長とプラティニ副会長の8年間の活動停止処分

プラティニ氏(左)とブラッター氏 Image copyright Getty Images
Image caption プラティニ氏(左)とブラッター氏

国際サッカー連盟(FIFA)は21日、倫理委員会の調査にもとづき、ゼップ・ブラッター会長(79)とミシェル・プラティニ副会長(60)に8年間の活動停止処分を下したと発表した。2011年2月にプラティニ氏にFIFAから支払われた200万スイスフラン(約2億4千万円)を、不当と断定した。

FIFA倫理委は処分理由を次のように説明している――。

  • ブラッター氏に対する手続きは主に、2011年月2にFIFAからプラティニ氏に支払われた200万スイスフランに関するものだった
  • FIFA会長としてブラッター氏は、プラティニ氏への支払いを承認した。しかしこの支払いは、両者が1999年8月25日に署名した合意文書に基づくもので、法的根拠がなかった
  • ブラッター氏は提出書類においても、審問においても、この支払いについてほかに法的根拠を提示することができなかった
  • 口頭の合意があったというブラッター氏の主張は、説得力に欠けると退けられた
  • 口頭の合意があったというプラティニ氏の主張も、説得力に欠けると退けられた

FIFAはさらに、 ブラッター氏の行動からは「倫理的態度へのこだわり」が見受けられず、プラティニ氏は「利益相反」状態にあったと指摘。プラティニ氏は「完璧に信頼できる潔白な」態度で行動したとは言いがたく、「自らの職務の重要性を認識していなかった」と批判した。

倫理委は、この支払いが賄賂だったと断定するに「足りる十分な証拠はない」ものの、両氏とも自分たちの立場を「悪用した」と断じた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
ブラッターFIFA会長は不屈の会見 8年間の活動停止処分で
Image copyright AP
Image caption 記者会見の会場に到着したブラッター氏。頬の絆創膏は軽い治療処置によるものという(21日)
Image copyright AP
Image caption 記者会見の会場に到着したブラッター氏(21日)

両氏はこれまで、2011年の支払いについて、1998年と2002年にプラティニ氏がブラッター氏の技術顧問と提供した仕事に対するものだと主張していた。支払はプラティニ氏の契約文書には記載されていなかったが、両氏は口頭での合意を交わしていたと主張を重ねていた。スイスの法律では、口頭での合意は法的に有効。

ブラッター会長とプラティニ副会長は共に、問題行動があったと認めていない。活動停止処分は即時実施される。それぞれ罰金も言い渡された。

「残念だ」とブラッター氏

倫理委発表に先立ち事前にチューリッヒで予定していた記者会見でブラッター氏は、自分とFIFAにとって残念な日だと述べ、「自分がFIFA会長としてサンドバッグ扱いされているのが残念だ。サッカーにとって残念だ。FIFAにとって残念だ」と繰り返した。

ブラッター氏は「8年間活動停止処分というが、いったい何のために?」と反論。自分は「原理原則を大事にする」人間だが、FIFA倫理委は自分とプラティニ氏をうそつき扱いしたと反発した。

ブラッター氏は処分に異議を唱え、ローザンヌのスポーツ仲裁裁判に仲裁を申し立てる方針と言明した。プラティニ氏も同様に対応するとみられている。

1998年からFIFA会長を務めてきたブラッター氏はすでに、2月26日の会長選挙を前に辞任すると表明している。一方で、元フランス代表主将で欧州サッカー連盟(UEFA)会長のプラティニ氏は、次期FIFA会長として有力視されていた。

Image copyright AP
Image caption 2人の今後は

FIFAの今後は?

FIFAは今年5月に幹部7人がチューリッヒで逮捕されて以来、相次ぐ汚職事件や疑惑に揺れている。米司法省はこれまでに、放映権や商品化権などをめぐり贈収賄が日常的に行われていたとして、FIFA幹部や取引先幹部など計39人を起訴している。

これに加えてスイス司法当局は、2018年と2022年のワールドカップ開催国選定をめぐり贈収賄があったとして捜査を続けている。

2月26日に予定される次期会長選に出馬している候補は次の5人。

  • アジアサッカー連盟のサルマン会長(バーレーン)
  • 南アフリカの政治家・実業家セシュワレイ氏
  • 元FIFA副会長のアリ・ヨルダン王子
  • インファンティーノUEFA事務局長(スイス・イタリア)
  • シャンパーニュFIFA元副事務局長(フランス)

選挙は秘密投票で、209の加盟国はそれぞれ1票ずつ投票できる。

(英語記事 Fifa: Sepp Blatter and Michel Platini get lengthy bans

この話題についてさらに読む