上司の首切断のテロ被告、刑務所で自殺

ヤシン・サリ被告 Image copyright Getty Images
Image caption ヤシン・サリ被告は、イスラム思想が犯行動機ではないと主張していた

今年6月にフランス南東部リヨン近くの工場で上司の首を切断し、建物を爆破しようとしてテロの罪で訴追された被告が、パリ南郊の刑務所で死亡しているのが発見された。フランス当局は、ヤシン・サリ被告(35)が自殺したと発表した。

配達車両の運転手だったサリ被告は6月26日、リヨン近くの工場で可燃性の液体が保管されていた建物にワゴン車で突入し、爆発を引き起こした。近くでは、被告の上司が首を切断された状態で発見された。アラビア語が書きこまれた首は、アラビア語の書き込みのされた旗2枚と共に工場の柵から吊るされていた。

仏検察はサリ被告が2006年と2008年に相次ぎイスラム過激主義者として監視対象にあったことから、イスラム過激主義者して訴追したが、被告は上司に対する怨恨が動機だと主張していた。

初公判を控えてパリ南の刑務所で独房に収監されていたが、自殺の危険があるとはみなされていなかった。

Image copyright EPA
Image caption 事件のあった米系企業の建物を捜査する現地警察(6月26日)

(英語記事 France beheading attack: Suspect Yassin Salhi kills himself