セネガル難民男性がスペインのクリスマス宝くじで5300万円当てる

クリスマス宝くじに当たったと気づいたセネガル難民のヌガネさん Image copyright EPA
Image caption クリスマス宝くじに当たったと気づいたセネガル難民のヌガネさん(22日)

セネガルから船でヨーロッパに渡った35歳の難民男性が22日、スペイン恒例のクリスマス宝くじで40万ユーロ(約5300万円)に当選した。

スペインの「エル・ゴルド」(太っちょ)と呼ばれる世界最高額のクリスマス宝くじで、南岸ロケタス・デ・マルの住民が購入したくじのうち1600枚が、「当たり」だった。購入した住民は賞金総額6億4000万ユーロ(約845億円)を獲得。ヌガネさんの取り分は、そのうちの40万ユーロとなった。

地元紙「ラ・ボス・デ・アルメリア」に対してヌガネさんは、自分と妻はときに1日5ユーロもないまま過ごすこともあると話した。2007年にセネガルを離れ、モロッコから海で欧州を目指したところ、スペイン当局に救出されテネリフェ島に移送された。現在はロケタス・デ・マル在住で、ヌガネさんは近くの温室農園で野菜を摘む仕事に就いていたが、最近解雇されたばかりだという。

ヌガネさんは同紙に「海の上にいた自分を助けてくれたスペインの人たちとスペイン政府に感謝したい」と話した。

Image copyright Reuters
Image caption モロッコ出身のイマネス・ナーマネさんも幸運の当選くじを手にしたひとり(22日)

ロケタス・デ・マルの町に住むモロッコ出身のイマネス・ナーマネさん(18)も、幸運の当選くじを手にしたひとりだ。同紙に「おかげで色々なことができるようになる。やりたいこと全部。これまでは本当に大変な状況だったので」と話した。

スペイン全体の平均失業率は21%だが、ロケタス・デ・マルは30%以上。観光と農業が主要産業だ。

「エル・ゴルド」の宝くじは1人が当選するのではなく、数千人が賞金を分け合うのが特徴。1位の当選番号「79140」はロケタス・デ・マルで売られた1600枚のくじに印刷されていた。2位は、セビリアとグラナダでくじを買った人たちが分け合う。

「エル・ゴルド」はクリスマス宝くじとして世界最高額で、抽選の様子はテレビで生中継され、国民的な話題となる。

(英語記事 El Gordo: Senegal refugee wins €400,000 in Spain lottery