イランと断交を発表 サウジ外相 

テヘランのサウジ大使館前でシーア派指導者の死刑執行に抗議するデモ隊(3日) Image copyright EPA
Image caption テヘランのサウジ大使館前でシーア派指導者の死刑執行に抗議するデモ隊(3日)

サウジアラビアのジュベイル外相は3日、同国がイランとの国交を断絶したと発表した。

サウジアラビアは2日にテロ関連の罪状で47人の死刑を執行しており、その中にイスラム教シーア派の指導者ニムル師が含まれていたことから、シーア派が主流のイランが強く反発。イランの首都テヘランで抗議するデモ隊がサウジアラビア大使館を襲撃している。

ジュベイル外相は記者会見で、イランの外交官に48時間以内にサウジアラビアから退去するよう求めたと述べた。また在テヘランのサウジアラビア外交官を本国に召還した。

ジュベイル外相は、イランが「武器を流し、テロリスト集団をこの地域に配置している」と非難し、イランによって安全保障が危険に陥れられないようにすると述べた。

同外相はさらに「イランの歴史はアラブへの望ましくない介入や敵意に満ちており、そこにはいつも破壊行為が伴っていた」と語った。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
シーア派指導者処刑でイランとサウジ、対立悪化
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
ソーシャルメディアに掲載された未確認動画には、テヘランのサウジ大使館が襲われ放火されているとみられる様子が映っている。

一方、ジョン・カービイ米国務省報道官は「この地域の首脳にはこれまで同様、緊張緩和のため積極的に対応するよう求めている」とし、「外交的な努力と直接対話が依然として重要だと考える」と述べた。


<解説>リー・ドゥセットBBC国際特派員

中東におけるスンニ派主要国とシーア派主要国の外交的な衝突は、地域全体に影響を及ぼすだろう。数々の激しい戦争や一触即発の対立関係において、両国はそれぞれ敵対勢力を支援している。

対立の当事者たちはすでに宗派対立を分岐点に、イラン支持派とサウジアラビア支持派の両陣営に整列しつつある。

2015年には、イエメン内戦終結への協議が少なくとも始まるだけは始まり、いくらかの希望と共に年末を迎えた。シリア情勢も同様に、今月協議が始まる予定だった。しかし今やその開始はいっそう困難になったようにみえる。

私は昨年10月、サウジアラビア政府筋から次の内容を聞いていた。シリア和平協議へのイラン参加をサウジが認めたのは、和平へのイランの意欲を確かめるためにも参加を認めるべきだと米政府から説得されたからで、それ以外の理由はないと。

米政府の説得は受け入れたものの、イランがシリア和平に合意するとはサウジ側は思っていないし、中東地域の主な不安定要因と考えている。

対するイラン当局者たちは、サウジアラビアの国家体制への軽蔑や、イスラム原理主義勢力への支援を隠そうともしない。

両国のお互いへの怒りはここ数カ月の間、ずっとあからさまだった。今や、それが沸点に達してしまった。


イランの最高指導者ハメネイ師は先に、ニムル師を平和的に活動していた「殉教者」だと呼び、死刑にしたことでサウジアラビアが「神の復讐」を受けると述べた。サウジアラビアではイスラム教のもう一つの主要宗派のスンニ派が主流。イラン以外でもシーア派教徒がニムル師の死刑に反発している。

テヘランでは2日、暴徒化したデモ隊がサウジ大使館を襲撃し、治安当局が制止しようとするなか、建物に火を放った。サウジ外務省によると外交官にけがなどはないという。

サウジアラビアにとってイランは中東地域における主要ライバルで、内戦が続くシリアやイエメンで対立する勢力をそれぞれ支援している。

両国は過去数十年間、様々な問題をめぐって対立してきた。イランの核開発計画や、サウジアラビアにあるイスラム教の聖地メッカで1987年と昨年起きた事故で多数のイラン人が死亡したことなどだ。


ニムル師とはどんな人物か

Image copyright AFP
Image caption ニムル師の写真を掲げるイエメン人のデモ参加者(2014年撮影)
  • 死刑執行時に50代だったニムル師はスンニ派のサウジ王家を強硬に批判していた
  • 過去10年間に何度も拘束されており、ニムル師はサウジ秘密警察から暴行を受けたと語っていた
  • 内部告発サイト「ウィキリークス」によると、ニムル師は2008年に米当局者と面会。親イランで反米というイメージを払しょくしようとしていた
  • サウジ国内の若いシーア派教徒に強い支持層を持つとされていた

2日に死刑が執行された47人は、大方がスンニ派教徒で、過去10年間に国際テロ組織アルカイダが関係するテロ攻撃に関与したとされていた。

ニムル師は、中東地域での民主化運動「アラブの春」を受けサウジ国内で起きた反政府の抗議活動に関与したとして2012年に拘束されていた。

レバノンのシーア派組織ヒズボラの指導者ハッサン・ナスララ師は3日、サウジ王家をこれまでにない強い調子で非難し、王家がシーア派とスンニ派の世界戦争を仕掛けようとしていると語った。

(英語記事 Saudi Arabia breaks off ties with Iran after al-Nimr execution

この話題についてさらに読む