SMAP、「ただ前を見て進む」

人気番組「SMAPxSMAP」 Image copyright Photo courtesy of Fuji TV
Image caption 人気番組「SMAPxSMAP」

日本で最も人気のポップスグループのひとつ、SMAPが18日夜、取りざたされていた解散について生放送で「世間をお騒がせ」したことを謝罪し、「ただ前を見て進む」と解散しない意向を示した。

フジテレビで毎週月曜に放送される人気バラエティ番組「SMAPxSMAP」は、冒頭を急きょ生放送に変更。黒いスーツ姿の5人は神妙な面持ちで並び、「このままの状態だとSMAPが空中分解になりかねない状態だと思いました」と認めた上で、「たくさんの方々に心配」をかけたとカメラに向かって頭を下げて謝罪。「応援していただけるように精いっぱい頑張っていきます」と挨拶した。

SMAPは日本ポップス界の中心的な存在で、アジア各地で人気を得ている。所属事務所の経営陣との対立から解散するかもしれないと13日に報道され、日本国内はその去就を注目してきた。

Image copyright Courtesy of Fuji TV
Image caption ほとんどのメンバーが40代に入ったこの「ボーイバンド」は今でも日本の芸能界の中心にいる

メンバー5人の中で最も有名な木村拓哉さんは「これから自分たちは何があっても前を見て、ただ前を見て進みたいと思います」と決意を語った。

ファンの多くはこの発表で安心していたが、インターネットでは、事務所が公の場での謝罪を5人に強制したのではないかと批判する意見も見受けられた。SMAPは今後について所属事務所と交渉していたと報道されている。

1988年に結成されたSMAPは日本とアジア各地で巨大なファン層を獲得しており、メンバー5人は映画やドラマ、コマーシャルなどに頻繁に出演している。

(英語記事 Japan pop group SMAP denies it is breaking up

この話題についてさらに読む