中国、テレビで「自白」のスウェーデン人活動家を釈放

ピーター・ダーリン氏 Image copyright AFP/Getty Images
Image caption ピーター・ダーリン氏。米NGO「チャイニーズ・アージェント・アクション・ワーキング・グループ(チャイナ・アクション)」提供写真

中国政府は26日、人権派弁護士を支援した疑いで今月初めに拘束したスウェーデン人の人権活動家、ピーター・ダーリン氏(35)を釈放し、国外に退去させた。スウェーデン大使館はダーリン氏が出国したことを認めたが、詳細は明らかにしていない。ダーリン氏は19日夜、中国国営テレビに登場し、中国の法律を破ったと「自白」し「謝罪」していた。

スウェーデンのバルストローム外相は、ダーリン氏の釈放を歓迎したが、まだ中国に拘束されているスウェーデン国籍の桂敏海氏の安否を気遣った。関係者の失踪が相次いだ香港書店の親会社オーナーで作家の桂氏も17日、中国中央電視台の番組に登場し、過去の罪のため自首したのだと「自白」している。桂氏は、昨年10月に休暇でタイ旅行中に行方が分からなくなっていた。

香港では「銅鑼湾書店」の店長など関係者5人が失踪したのは、書店が中国政府に批判的な本を扱っていたからだとみられている。

バルストロム外相は、桂氏の「状況を正確に把握し、面会の機会を得るための努力を惜しみなく重ねていく」と述べた。


失踪した香港の書店関係者

桂敏海(51)。タイ滞在中の2015年10月に失踪。中国生まれのスウェーデン国籍。「マイティ・カレント・メディア」オーナー。

呂波。2015年10月に香港北郊の中国本土側で所在確認後、行方不明に。「マイティ・カレント・メディア」ゼネラル・マネージャー。

張志平(32)。2015年10月に中国本土側で所在確認後、行方不明に。「マイティ・カレント・メディア」ビジネス・マネージャー。

林栄基(60)。2015年10月に香港で所在確認後、行方不明に。「銅鑼湾書店」店長。

李波(65)。「ポール・リー」としても知られる。2015年12月に香港で失踪。「銅鑼湾書店」株主で英国籍。警察に捜索願を出していた妻は今年初め、中国本土から連絡があったとして捜索願を撤回。


(英語記事 China releases Swedish rights activist Peter Dahlin

この話題についてさらに読む