旅客機を独り占め 中国女性が「世界一幸運な乗客」に

機内の様子を投稿したチャンさん(写真手前) Image copyright WEIBO: MIFFYSCAT
Image caption 機内の様子を投稿したチャンさん(写真手前)

足を思いっきりのばせて、客室乗務員はみんな私を待ち受けている。赤ちゃんの泣き声もないし、マナーの悪い客もいない――。そんなフライトに乗り合わせた中国の女性がいる。

先月31日、武漢から広州に向かおうとしていたチャンさんは、吹雪のためフライト予定が大幅に遅れた中国南方航空CZ2833便に搭乗。搭乗予定だったほかの客はより早い便を選んだため、乗客はチャンさんひとりになったという。

中国の新年「春節」が近づき、帰省客などで1年で最も人の移動が盛んになる時期にも関わらず、旅客機を独り占めにしたチャンさんは、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」に、この「楽しい」フライトを投稿して話題になった。

Image copyright Weibo: Miffyscat
Image caption 足も伸ばし放題、前の座席が倒れてくる心配もなし……
Image copyright Weibo: Miffyscat
Image caption 機内でポーズをとるチャンさん

「一番幸運な乗客」

チャンさんはBBCの取材に対し、「とても楽しかった。珍しい経験で、飛行機も新しくて、ロックスターみたいな気分だった」と語った。チャンさんはパイロットやキャビンアテンダントの注目、サービスを独り占めできたという。

チャンさんの投稿は、「いいね」や共有、コメントなど、大きな反響を呼んだ。

ユーザーからは、「なんてすばらしいフライト。こんなに忙しい時期にそんな贅沢なもてなしを受けて本当についているよ」、「あなた、ぜったい世界で一番幸運な乗客だね。じっくり味わって」とのコメントが寄せられた。

Image copyright EPA
Image caption 利用客で混雑する広州の鉄道駅(2日)

一方で、1人の乗客のためだけに飛行機を飛ばすのは航空会社として「贅沢過ぎる」と考える人もいた。

「中国の新年でたくさんの人が帰省するために(電車などに)ぎゅうぎゅう詰めになっている時に、無駄遣いじゃないか」とのコメントも。

あるユーザーは、少し待ってほかの客も乗せるべきだったとし、「燃料も無駄遣い」だと指摘した。

さて、この航空券の値段はいくらだったのか。自動車会社に勤めるチャンさんによると、約1200元(約2万2000円)くらいだ。「会社が買ってくれたので値段ははっきりしない」のだそう。

(ヘザー・チェン記者)

この話題についてさらに読む