【米大統領選2016】トランプ氏、アイオワで「不正」と やり直し求める

トランプ氏はアイオワ州党員集会のやり直しを求めている Image copyright Getty Images
Image caption トランプ氏はアイオワ州党員集会のやり直しを求めている

米大統領選に立候補している実業家ドナルド・トランプ氏は、1日に行われたアイオワ州の党員集会で不正が行われたとして、やり直しを求めている。

トランプ氏は、勝利したテッド・クルーズ上院議員(テキサス州選出)の陣営が、元外科医のベン・カーソン候補が撤退するとの虚偽情報を流したと批判。その影響を受けた投票結果は正しくないと主張している。

得票率28%で1位となったクルーズ氏の選挙運動対策本部はその後、カーソン氏に謝罪し、誤解に基づく情報だったと認めている。

トランプ氏は1日の投票で24%を獲得し、2位だった。

民主、共和両党の候補者指名を争う各州の予備選はアイオワ州を皮切りに、次は9日にニューハンプシャー州で予定されている。

トランプ氏は、「テッド・クルーズはアイオワ州で勝っていない。盗んだんだ。だから世論調査通りにならなくて、予想よりもずっと多くの票を取った。ひどいじゃないか」とツイートした。最初は、クルーズ氏が「違法に」党員集会の勝利を手にしたと書いていたが、そのツイートは後に削除された。

アイオワ州のポール・ペイト州務長官は、クルーズ陣営が党員集会前に有権者に送った選挙ビラを強く批判。ビラは、アイオワの有権者が「投票違反」をしていると非難し、「投票歴を良くするため月曜日(1日)の投票に参加するように」と呼びかけていた。

ペイト長官はクルーズ陣営のビラは「アイオワ州の選挙法を誤解させるもの」だとし、「アイオワ州党員集会の精神にそぐわない」と語った。ただ具体的な措置をとるかどうかには触れなかった。

トランプ氏の今回の反応は、投票後の演説の調子とは大きく異なる。演説はいつもの過激なスタイルとは異なり謙虚で、その夜のツイートでも2位は「予想を上回る素晴らしい結果」だと歓迎していた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
トランプ氏、アイオワ州で2位 「必ず勝てる」と

一方、クルーズ陣営はトランプ氏の非難を深刻に受け止めてはいない。

陣営幹部のリック・タイラー氏は政治メディア「ポリティコ」に対し、「リアリティーショーのスターにやっとリアリティー(現実)が突き付けられた。アイオワ州で負け、いまや誰も彼(トランプ氏)の話をしない。だからツイッターでまくし立てている」と述べた。

さらに、「ツイッター中毒の支援団体があるから、彼も地元の支部に連絡すべきかもしれない」と、トランプ氏が頻繁にツイートすることを皮肉った。

党員集会がやり直しになった例は過去にない。

カーソン氏はクルーズ陣営が虚偽情報を流したことへの謝罪を受け入れたが、カーソン陣営の戦術を「汚い」と非難している。

3日には、ランド・ポール上院議員(ケンタッキー選出)とリック・サントラム元上院議員がアイオワ州党員集会での苦戦を受けて、撤退を表明した。

(英語記事 Donald Trump wants Iowa rematch, accusing Cruz of 'fraud'

この話題についてさらに読む