「スター・ウォーズ」製作会社を訴追 ハリソン・フォードさん骨折で

ハリソン・フォードさん Image copyright AP
Image caption ハリソン・フォードさん

米俳優ハリソン・フォードさんが映画「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の撮影中に足を骨折した事故について、英政府の健康安全局(HSE)は製作会社を訴追した。

英南部パインウッド・スタジオで2014年6月、フォードさんは金属扉が足にあたり骨折した。演じるハン・ソロ役の愛機「ミレニアム・ファルコン」の場面を撮影中の事故だった。事故後、フォードさんは救急ヘリで病院に搬送された。

HSEは、米ディズニーの子会社で英国の映画製作会社のフードルス・プロダクションによる健康安全基準違反が、フォードさんの重傷につながったと判断する証拠が十分にあるとして、同社を健康安全基準違反4件で訴追した。

HSEの報道官は「法律上、雇用主は労働者の安全を守るために適切な措置をとらなくてはならない。これは工場だろうと、映画の撮影セットだろうと同じだ」と説明した。

これに対してフードルス・プロダクションは、HSEの判断について「キャストとスタッフの安全を常に最優先している。2014年6月にセットで起きた事故について、HSEの調査に全面協力した。HSEの判断は残念だ」とコメントを発表した。

第1回口頭弁論はハイウィコムの法廷で、5月12日に予定されている。

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」は英国で過去最高の興行収入を記録、全世界でも20億ドル以上の興収を得ている。

次回作の撮影はすでにパインウッドで始まっており、2017年12月に公開される予定だ。

(英語記事 Star Wars prosecuted over Harrison Ford injury

この話題についてさらに読む