ブリュッセルの空港と地下鉄駅で爆発 30人以上死亡

  • 2016年03月22日
ブリュッセルのザベンテム空港で爆発が相次ぎ、煙が上がった(22日午前) Image copyright Rozina Sini - News
Image caption ブリュッセルのザベンテム空港で爆発が相次ぎ、煙が上がった(22日午前)

ベルギー・ブリュッセル北東のザベンテム空港で現地時間22日午前8時(日本時間同日午後4時)前、2回の爆発が起きた。さらに約1時間後には、ブリュッセル市内のマルベック地下鉄駅で爆発があった。ベルギーのミシェル首相は記者会見し、大勢が犠牲になったと述べた。

ベルギー当局によると、空港では少なくとも11人が死亡し、マルベック地下鉄駅では約20人が死亡。負傷者は計約250人に上り、多くが重傷という。

ベルギーの連邦検察は3つの爆発はいずれも「テロ攻撃」だと断定。空港での爆発の少なくとも片方は、自爆攻撃だとしている。

22日午後には過激派勢力「イスラム国」(IS)が犯行声明を出し、空港と地下鉄駅での攻撃がいずれも自爆攻撃だと主張したが、確認されていない。

ブリュッセルでは18日、パリ連続襲撃事件の主要共犯とされるサラ・アブデスラム容疑者が逮捕されたばかり

ベルギー政府は最高レベルの厳戒態勢を敷いた。ベルギー国営ベルガ通信によると、政府は兵士225人をブリュッセルに追加配備する方針。

ベルギーの公共放送局RTBFは、対テロ警察がブリュッセル市内の複数拠点で家宅捜索を進めていると報道している。

爆発のあったブリュッセルのザベンテム空港から逃げる人たち
ブリュッセルの空港で爆発 目撃者は

空港では発砲音とアラビア語の叫び声?

ミシェル首相は会見で「盲目で暴力的で卑怯だ」と攻撃を非難。「この国の歴史にとって悲劇の瞬間だ。すべての人に、落ち着いて団結するよう呼びかけたい」と述べた。

爆発を受けてザベンテム空港は閉鎖され、到着予定便は他空港に迂回した。空港への鉄道も運行を中止した。

最初の爆発はSNブリュッセル航空とアメリカン航空のカウンター近く、2回目はスターバックスの店舗外で起きたとみられる。

ベルガ通信は、2発の爆発の前に発砲音とアラビア語の叫び声が聞こえたという情報を伝えた。

Image copyright PA
Image caption 爆発のあったザベンテム空港の出発ロビー。フェイスブックに投稿したジェフ・ベルセレさん提供(22日朝)

ジュネーブ発の便でザベンテム空港に到着したザック・ムゾンさんは、仏BFMテレビに「ひどかった。天井が落ちて、あたりは血だらけだった。けがをした人が大勢いて、かばんがちらばっていた。壊れたものの間を縫って歩いた。戦場のようだった」と話した。

金融業界で働くロンドン在住のオーウェン・リーさんは、爆発の30分前にチェックインを済ませたばかりだったという。「朝食を食べていたら、人々が一斉にこちらに走ってきた。レストランにいた人たちは、どうすればいいのか分からなかった。ただの訓練だと思っていた。店内にまだ残っていたが、次第にこれは本当の事件なんだと気が付いた」。

Image caption ザベンテム空港の出発ロビーで爆発が起きた位置。1回目はSNブリュッセル航空とアメリカン航空のカウンター近く、2回目はスターバックスの店舗外。
爆発から間もない事件現場の様子

EU本部近くの地下鉄駅でも爆発

空港の爆発から約1時間後の午前9時11分には、ブリュッセル市内の欧州連合(EU)本部に近いマルベックの地下鉄駅で爆発があった。朝のラッシュアワーの真っ最中だった。市内の地下鉄は全面的に運行停止し、駅は封鎖された。

現場にいたアレクサンドル・ブランさんはAP通信に対し、「地下鉄がマルベック駅を出ようとしていたところで、ものすごく大きい爆発音がした。あちこちパニック状態になった。駅には人がたくさんいた」と話した。

ブリュッセルの線路内で停車した地下鉄車両から避難する乗客

ユーロスターはブリュッセルへの往復列車をすべて運行停止にした。

Image copyright PA
Image caption マルベック駅での爆発で地下鉄は全面停止に。線路内で停まった車両の乗客は線路内を誘導され避難した。
Image caption ブリュッセルのザベンテム空港とマルベック地下鉄駅、欧州委員会、欧州評議会の位置関係

欧州委員会は職員に、自宅もしくは屋内待機を指示した。EU庁舎内で予定されていた会議はすべて延期された。

トゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)は連続爆弾攻撃を「テロ攻撃」と呼び、「憎しみと暴力をふりまくテロリストたちが、さらに低劣な行動に出た」と非難した。

ブリュッセル市内の学校食堂で働くライアン・マギーさんはBBCに、「市内のすべてが停止状態だ。市民は今のところ平静だが、緊迫している」と話した。

Image caption ザベンテム空港のメインターミナルと爆発現場の位置

各国で高まる警戒

英国では、ロンドンのガトウィック、ヒースロー両空港での警戒レベルが引き上げられた。同国外務省はベルギー滞在中の英国民に人ごみを避けるよう促している。キャメロン英首相は22日午前中に、閣僚や治安・捜査当局者が出席する国家緊急治安特別閣議(COBRA)を開く予定。

フランスのオランド大統領はベルギーでの爆発を受けて閣議を開いた。カズヌーブ内相は、ふらんす国内の駅や空港、国境などの警備強化のため警官1600人を追加配備すると発表した。

オランダ各地やロンドン、ニューヨークでも同様の警備強化が実施されている。

「人々はショック状態」

航空貨物会社スイスポートのニールス・ケニョーさんはベルギーのフラマン語放送局VRTに、「休憩中に大きな爆発を聞いたし、感じた。出発ロビーの様子がここから見えるが、煙が立ち上るのが見えた。窓ガラスは粉々に割れている。外の人たちはショック状態だ。心配だ」と話した。

ベルギーのヤンボン内相は21日、アブデスラム容疑者逮捕に対する報復攻撃に備えて最大級の厳戒態勢を敷いていると述べていた。

「ひとつの強い(テロリスト)セルを摘発すると、他のセルが動くこともある。本件の場合、その可能性を意識している」と内相はラジオで話していた。

ザベンテム空港はブリュッセルから北東11キロにある。昨年の利用客は2300万人以上。

(英語記事 Brussels Zaventem airport rocked by two explosions

この話題についてさらに読む