ニュージーランド国旗、現行維持が多数 国民投票

新たな国旗として提案されたデザイン(写真左)と現在の国旗 Image copyright AFP
Image caption 新たな国旗として提案されたデザイン(写真左)と現在の国旗

ニュージーランドは24日、国民投票で現行の国旗を今後も使い続けることになった。

国民投票は、英国のユニオンジャックを含む現行のデザインを、「銀色のシダ」という新デザインに変更すべきか国民に問いかけたもので、56.6%が今の国旗維持に賛成した。新デザインに賛成したのは43.1%だった。210万人余が投票した。

ジョン・キー首相は新デザインを支持していたが、結果を受けて国民に、国民投票の結果を「受け入れる」よう呼びかけた。

ユニオンジャックを含む現行の旗は、英国の植民地だった時代を想起させると、多くが変更を求めていた。

新デザインは南十字星を意味する赤い4つの星や、国やラグビー代表を表す銀色のシダや黒をあしらったもので、昨年12月に5つの候補から国民投票の予備選で選ばれた。

(英語記事 New Zealand votes to keep flag in referendum

この話題についてさらに読む