ボウイさん追悼コンサート 多数の歌手が出演

追悼コンサートで歌うブロンディのデボラ・ハリー(31日、ニューヨーク) Image copyright Getty Images
Image caption 追悼コンサートで歌うブロンディのデボラ・ハリー(31日、ニューヨーク)

今年1月に亡くなった英国出身のロックスター、デイビッド・ボウイさんの追悼コンサートが31日、ニューヨークのカーネギーホールで開かれ、多数の歌手やバンドが出演した。

米国のロックバンドのザ・フレーミング・リップスやピクシーズ、ブロンディのデボラ・ハリー、シンディ・ローパーや元REMボーカルのマイケル・スタイプらがステージに上った。

「オールスター」でボウイさんの業績を振り返るコンサートの開催は1月10日、ボウイさん死去が公表される数時間前に発表された。ボウイさん死去の報を受けて間もなく、チケットは売り切れになった。

チケットの需要が大きかったことから、1日にもニューヨークのラジオシティー・ミュージックホールで2回目のコンサートが開かれる予定となっている。

31日のコンサートに出演したジェイコブ・ディランはボウイさんの最も有名な曲のひとつ「ヒーローズ」を歌い、「デイビッド・ボウイに神の祝福を」とコメントした。

デボラ・ハリーがヒット曲「スターマン」を歌うと、観客は立ち上がって会場の雰囲気を盛り上げた。また、ハートのアン・ウィルソンが歌う「レッツ・ダンス」に合わせて観客は体を揺らし、調子を取っていた。

Image copyright Getty Images
Image caption 「レッツ・ダンス」を歌うアン・ウィルソン
Image copyright AP
Image caption 「ヒーローズ」を歌うジェイコブ・ディラン
Image copyright AP
Image caption 「サフラジェットシティ」を歌うシンディ・ローパー
Image copyright AP
Image caption 元REMボーカルのマイケル・スタイプもステージに
Image copyright Reuters
Image caption デイビッド・ボウイさん(1996年)

(英語記事 David Bowie tribute concert draws stars in Carnegie Hall in New York

この話題についてさらに読む