北京のホテルで女性暴行、ビデオの男性逮捕か

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
北京のホテルで男性が女性をつかみ引きずるように見える様子を映したビデオ(音声なし)

北京のホテルで男性が女性に暴行を働く様子とされる防犯ビデオ映像がインターネットで話題となり、ホテルが謝罪した問題で、北京の警察は事件に関連した疑いで24歳男性を逮捕したと発表した。

北京警察は、「リ」という姓の男性を7日夜に河南省で逮捕したとソーシャルメディア「微博」に投稿した。

「微博」に投稿されたホテルの防犯カメラ映像では、イーテル北京の廊下で女性が男性につかまれ、引きずられているように見える。近くにはホテル従業員もいた様子が分かる。

投稿した「ワンワン」さんによると被害者は自分で、見知らぬ男にいきなり声をかけられ、つかまれ、首を絞められ、引きずられたという。「ワンワン」さんは、ホテル従業員は、カップルのケンカだろうと手を出さなかったようだと書いている。

ホテルの親会社ホーム・インスは、「ワンワン」さんと社会に謝罪。「安全管理と顧客サービスが不十分だった」と文書で認めている。

ビデオは20億回以上再生されており、中国のソーシャルメディアではなぜ中国人がなかなか他人を助けようとしないのかなど議論になっている。

中国では近年、路上で事件や事故の被害に遭っている人を周りの通行人が無視する事態がたびたび起こり、社会問題となっている。被害者を手伝おうとすると逆に加害者として訴えられる場合もあるという懸念から、関わろうとしないのではないかという意見もある。

(英語記事 Police arrest man suspected of Beijing hotel 'assault'

この話題についてさらに読む