米NBAブライアント選手 引退試合で有終の美

長年の本拠地ステープルズ・センターの観衆に別れを告げるコービー・ブライアント(13日) Image copyright Reuters
Image caption 長年の本拠地ステープルズ・センターの観衆に別れを告げるコービー・ブライアント(13日)

米プロバスケットボール(NBA)のスター選手、コービー・ブライアント(37)が13日、現役最後の試合に出場し、60点を得点して有終の美を飾った。

ブライアント選手は、所属するLAレーカーズの本拠地ロサンゼルスで開かれた対ユタ・ジャズ戦に出場。チームの逆転勝ちに貢献した。

NBA入り当初からLAレーカーズ一筋だったブライアント選手は、NBA優勝を5回経験。個人としても、得点数で歴代3位の記録を作った。

ブライアント選手の引退試合を見ようと多くのファンがチケットを買い求め、最高2万7500ドル(約300万円)の値段が付けられたという。

第4クオーターでブライアント選手は23点を挙げ、15点差でリードしていた相手チームを一気に追い上げ、勝利に導いた。

ブライアント選手は13日の試合で、プロ時代で最高の50シュートを繰り出し、得点も5番目に多かった。

試合終了後、観客の前でマイクを握ったブライアント選手は、これほどの好成績で引退試合ができたのは、「クレージーだ」と喜んだ。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
コービー・ブライアント引退 現役20年を数字で

「本当に、本当に疲れてたんだけど、ともかくもっとやらなきゃと思い続けた。ファンの応援はものすごかったので。何よりそれを一番ずっと覚えてると思う」とブライアントは話した。

Image copyright AFP
Image caption ブライアント選手はプロ時代をレーカーズ一筋で過ごした
Image copyright Gary A. Vasquez/USA TODAY/Reuters
Image caption ブライアント選手は、最後の試合でこれほどまで良い結果が出せるとは想像もしなかった、と語った
Image copyright Reuters
Image caption 引退試合が開かれたステープルズセンターではブライアント選手関連グッズの販売も好調だった
Image copyright Reuters
Image caption ステープルズセンターに設けられたブライアント選手へのメッセージボード

(英語記事 US basketball star Kobe Bryant shines in final game

この話題についてさらに読む