熊本県で震度7、相次ぐ余震 9人死亡860人以上負傷

最大震度7の揺れを観測した熊本県益城町では複数の家屋が倒壊した(15日) Image copyright AP
Image caption 最大震度7の揺れを観測した熊本県益城町では複数の家屋が倒壊した。写真は被害状況を確認する消防隊員(15日)

14日午後9時26分ごろ、熊本県を震源とする最大震度7の強い地震が発生し、警察などによると15日午後までに少なくとも9人が死亡、約860人が負傷した。震度7を観測したのは熊本県益城町(ましきまち)。震源の深さは約10キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.4(速報値)と推定される。余震が続いているが、一時避難した人の中には自宅に戻る人も増えている。

熊本市から東15キロにある益城町では複数の家屋が倒壊し、大勢が町役場前の駐車場など屋外で一夜を過ごした。益城町や熊本市内で複数の人が家屋の下敷きになるなどして死亡。余震の続く現地では捜索活動が続いている。

避難者数は一時4万人以上になった。余震が頻繁に発生しているものの、一部は自宅に戻り始めている。NHKによると、余震の回数は15日午後の時点で130回以上に及んでいる。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
熊本県で震度7
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
地震のがれきから8カ月の赤ちゃん救出

熊本赤十字病院の曽篠恭裕(そしの・やすひろ)さんはBBCニュースに対して、病院では負傷者254人を受け入れ、そのうち15人は重傷だと話した。他の地域の赤十字医療チームが、熊本赤十字病院に応援で集まっているという。

複数報道によると、少なくとも1万6000世帯が停電し、3万8000世帯でガスの供給が停止した。益城町の一部では断水も起きた。

鹿児島県などによると、薩摩川内市で運転中の九州電力川内原発の2つの原子炉は、異常なしと報告されている。佐賀県内の九州電力玄海原発は定期検査中で運転を停止しているが、被害は受けていないという。

最初の揺れに続き、M5.7やM6.4の余震が相次いで観測された。一方で震度7は、阪神淡路大震災や東日本大震災と同じレベルの強い揺れ。

地元の警官はAP通信に対して、「あまりに激しい揺れで立っていられなかった」と話した。

安倍晋三首相は15日午後に首相官邸で開いた地震非常災害対策本部会議で、16日に被災地を訪問する方針を表明。「亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。また、多くの方々が負傷されています。被災された方々に対して、心よりお見舞いを申し上げます」とあいさつした。さらに、「警察、消防、自衛隊などが夜通し、対応に当たっていますが、引き続き部隊を最大限動員し、住民の安全確保最優先に、救助活動に全力を尽くしていただきたいと思います」と述べた。

菅義偉内閣官房長官も現地視察する予定という。

Image copyright AFP
Image caption 強い揺れを受けて道路に出た人たち。建物の壁の一部が道路に剥がれ落ちた。14日夜、熊本市内。
Image copyright AFP
Image caption 地震後のオフィスの様子
Image copyright AP
Image caption 熊本市内で屋外に避難した人たち(14日)

地震の影響で、熊本県内にあるソニーやトヨタ子会社などの工場が操業を一時停止している。

回送中の九州新幹線の列車が熊本市内で脱線したが、乗客は乗っておらず、けが人はいなかったという。

揺れで熊本城の石垣が一部崩れ、天守閣の屋根瓦も落ちた。

Image copyright AP
Image caption 熊本城の石垣も一部が崩れた(14日)
Image copyright EPA
Image caption 東日本大震災以来、最も強い地震だった
Image copyright AFP
Image caption 益城町では数多くの家屋が破損した
Image copyright AFP
Image caption 乗客を乗せていなかった九州新幹線の回送列車が脱線した。地震で新幹線が脱線するのは異例。

(英語記事 Search continues for survivors after biggest Japan quake since 2011

この話題についてさらに読む