【米大統領選2016】クルーズ氏、共和党レース撤退 トランプ氏が党候補の見通し

トランプ氏勝利宣言 Image copyright AP

米大統領選の予備選が3日、インディアナ州で行われ、共和党では実業家ドナルド・トランプ氏が圧勝した。これを受けて対抗馬のテッド・クルーズ上院議員(テキサス州選出)が撤退を表明し、トランプ氏が本選の共和党候補になる見通しとなった。民主党予備選では、最有力ヒラリー・クリントン前国務長官を抑えてバーニー・サンダース上院議員(バーモント州選出)が僅差で勝つ見通しだ。

クルーズ氏にとってはインディアナ州が最後の正念場で、大量の選挙資金と人員を投入した末の敗北だった。クルーズ氏はインディアナポリスで支援者を前に「全力を尽くしたが、有権者は別の道を選んだ」と認め、撤退を表明した。

プリーバス共和党全国委員長は「トランプ氏が共和党の『推定候補』となる。ヒラリー・クリントン打倒のため党は団結して集中なくてはならない」とツイートした。3位のジョン・ケーシック・オハイオ州知事は撤退を表明していないが、トランプ氏が候補者指名に必要な代議員数1237人以上を獲得するのは確実な情勢だ。

インディアナ州での投票前は、クルーズ氏がトランプ氏を「倫理観欠如の」「病的なうそつき」と罵倒し、トランプ氏が「負け試合を立て直そうと必死すぎる」と返すなど中傷合戦が続いていたが、候補指名を確実にしたトランプ氏は、「タフで聡明な競争相手だった」とクルーズ氏を称えた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
トランプ氏、共和党候補確実に 「アメリカをまた偉大にする」

トランプ氏は演説で、米国の産業空洞化や失業問題に取り組むと述べ、その原因を作ったのはビル・クリントン元大統領が北米自由貿易協定(NAFTA)に署名したからだと批判。外国が米国を再び尊敬するようにすると強調した。

またヒラリー・クリントン氏は「貿易について何も知らない」「偉大な大統領にはならない」などと攻撃を重ねた。さらに、不法移民排斥発言や女性蔑視発言などで自分の支持率が特に低いヒスパニックや女性とも「うまくやっていく」「女性にも支持された。女性に支持されるのは大好きだ」など本選を意識した発言を続けた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
トランプ氏、クリントン氏は「だめな大統領になる」

民主党では、代議員数でクリントン氏に大きく後れを取るサンダース氏が、自分の戦いはまだ続くと表明。「クリントン陣営はこの選挙はもう終わりだと思っているが、間違っている」と述べた。

Image copyright Reuters
Image caption 涙を流すクルーズ氏の支援者
Image copyright Reuters
Image caption ケンタッキー州で支援者集会を開くサンダース議員(3日)

<各候補の獲得代議員数>

この話題についてさらに読む