英プレミアリーグ優勝のレスター タイでファンら歓迎

バンコクの空港でタイ式のあいさつをするレスターのラニエリ監督(写真中央)や岡崎慎司選手(同右、18日) Image copyright AFP
Image caption バンコクの空港でタイ式のあいさつをするレスターのラニエリ監督(写真中央)や岡崎慎司選手(同右、18日)

サッカーのイングランド・プレミアリーグを制したレスター・シティは18日、チーム会長の母国のタイを訪問し、熱烈な歓迎を受けた。

昨季にはリーグ降格間際だったものの、劇的な躍進でリーグ勝者となったレスター・シティの会長はタイの実業家ビチャイ・スリバッダナプラバ氏。

選手やスタッフはバンコクのスワンナプーム国際空港で多くのサポーターの熱狂的な歓迎を受けた。

16日には、チームの本拠地で優勝パレードを行った。

レスターは2位となったアーセナルに10ポイント差を付けて優勝。次季チャンピオンズリーグで欧州の強豪チームと競う。

Image copyright AFP
Image caption おとぎ話のような今季以前は、タイ人のレスター・ファンは少なかった(写真は18日に空港でチームを歓迎するファンたち)
Image copyright EPA
Image caption バンコク市内の屋外画面の前でレスターの試合を応援するファンたち
Image copyright Reuters
Image caption ファンたちと握手するラニエリ監督(18日、バンコク・スワンナプーム国際空港で)

(英語記事 Leicester City arrive in Bangkok to heroes' welcome

この話題についてさらに読む