台湾で蔡英文氏が総統就任 女性初

蔡氏の総統就任は中台関係に変化をもたらすとみられている(20日、台北) Image copyright EPA
Image caption 蔡氏の総統就任は中台関係に変化をもたらすとみられている(20日、台北)

台湾で20日、民主進歩党(民進党)の蔡英文氏(59)が総統に就任し、同国初の女性の総統が誕生した。

控えめながら強い意志力のリーダーと評価される蔡氏は、今年1月の総選挙で民進党を圧勝に導いた。

民進党は従来、中国からの独立を志向しており、同党の政権獲得を受けて中台関係は冷却化している。

蔡氏は中国との関係の現状維持を表明しているものの、台湾の民主制度を尊重すべきだとしている。

Image copyright Reuters
Image caption 中華民国を成立させた孫文の肖像画の前で宣誓する陳建仁副総統
Image copyright EPA
Image caption 蔡氏の宣誓を屋外スクリーンで見守る人々(20日、台北)

宣誓を終えた蔡氏は、馬英九前総統と共に総統府前に集まった市民らに手を振った。蔡氏はこの後、就任演説を行う予定。

地元メディアは、蔡氏の広報担当者の話として、演説の内容は経済や安定した経済開発、中国との関係が中心になると報じている。

台湾外交部によると、就任式典には海外の元首や外交官など700人近くが出席する予定。

民進党が政権党になるのは今回が2回目、過去70年間のほぼすべての時期にわたって国民党が政権についていた。

馬前政権は、経済運営や貧富の差の拡大、中国への融和的な立場を批判され、有権者の支持を失った。

Image copyright EPA
Image caption 市民らに手を振る馬前総統(写真左)と蔡新総統(20日、台北)
Image copyright EPA
Image caption 総統の就任式に合わせパレードが行われた(20日、台北)
Image copyright EPA
Image caption パレードには兵士や学生が参加した(20日、台北)

(英語記事 Taiwan's Tsai Ing-wen sworn in as first female president

この話題についてさらに読む