オーストリア大統領選、極右候補が僅差で敗退

アレクサンドル・ファン・デア・ベレン氏 Image copyright EPA
Image caption 欧州連合(EU)を支持した「緑の党」系のアレクサンドル・ファン・デア・ベレン氏が僅差で勝利

極右候補と「緑の党」系の候補が大接戦となったオーストリア大統領選は、「緑の党」出身の独立候補アレクサンドル・ファン・デア・ベレン氏(72)がわずか3万1000票差で勝利した。新大統領は23日、有権者464万人の国内に分裂があると認めた上で、「同じコインの裏と表のようなもの。全員が合わさったオーストリアだ」と述べた。極右「自由党」のノルベルト・ホーファー氏(45)が当選していれば、欧州連合(EU)加盟国で初の極右国家元首となるところだった。

郵便投票の集計の末に勝利したファン・デア・ベレン氏は勝利演説で、「国民の恐怖や怒りに取り組む、今まで違う対話の文化と政治制度が必要だ」と述べ、「ノルベルト・ホーファー支持者の信頼獲得に向けて努力する」、「すべてのオーストリア人のための超党派な大統領になる」と約束した。

オーストリアの公共放送ORFによると、主要10都市のうち9都市でファン・デア・ベレン氏が優勢だったが、農村部ではホーファー氏が圧勝した。特に肉体労働者の9割近くがホーファー氏を支持した。一方で、大卒その他の高等教育経験者はファン・デア・ベレン氏の支持が多かった。男女別でみると、男性の6割がホーファー氏を支持。一方で女性の6割がファン・デア・ベレン氏を支持した。

ホーファー氏はEUに懐疑的な姿勢を取り、移民受け入れ反対を主張して多くの支持を集めた。敗退が決まるとフェイスブックに「悲しい日」だが、「がっかりしないでほしい。この選挙戦にかけた努力は無駄にはならない。未来への投資だ」と支援者に呼びかけた。ホーファー氏を擁立した自由党のストラッヘ党首は「これは始まりに過ぎない」と発言。また昨年12月に仏地方選で躍進した仏極右「国民戦線」も「歴史的な出来栄え」だと称えた。

今月半ばに就任したばかりのケルン首相は、結果は「ひやひやするほどの接戦だった」と認め、それだけに「どの有権者も負けたと思わないようにすることが、我々にとって特に大事だ」と述べた。前任のフィッシャー首相は、難民政策への取り組みが批判され、4月の大統領選予備選で中道左派与党の候補が敗退した責任を問って辞任した。

経済の先行き不安のなかで国民主義や移民排斥主義が台頭している欧州各国の首脳は、口々にホーファー氏敗退を歓迎。ドイツのシュタインマイヤー外相は、ヨーロッパ全体が「ほっとしている」と述べ、フランスのバルス首相もオーストリア国民が「大衆主義と過激主義」を拒絶したのは一安心だと歓迎した。

オーストリア大統領に政治的な実権はあまりないが、与党の承認なしで議会下院を解散し総選挙の実施を宣言できる。

Image copyright EPA
Image caption 敗れた極右政党のホーファー氏は今回の選挙戦が「未来への投資」だと

アレクサンドル・ファン・デア・ベレンとは

環境活動家がオーストリア大統領になるのは、アレクサンドル・ファン・デア・ベレン氏が初めて。チェーンスモーカーで、EUの意義を信じる左派リベラルだ。

1917年のロシア革命を逃れた貴族の息子で、両親はまずエストニアに逃れ、1940年にはソ連占領を逃れてオーストリアのチロル地方にたどり着いた。

アレクサンドルはカウネルタルで育ち、ロシア語は話さない。姓はオランダ系だ。

インスブルック大学で経済を学び、後にウィーン大学の経済学教授となった。学問の世界は2009年に引退している。

緑の党候補として1994年に国会に初当選。1997年から2008年まで党の代表だった。

ホーファー氏とのテレビ討論会で、EUと米国の「環大西洋貿易投資協定(TTIP)」は受け入れないという一点においては、同意見だった。

Image caption 最近の選挙で国民主義政党の支持が高まる欧州諸国。緑が濃い国で国民主義政党が多く得票した。

(英語記事 Austria election: Unity call after close defeat for far right

この話題についてさらに読む