アンバー・ハードさん、ジョニー・デップさんとの離婚申し立て

ジョニー・デップさんとアンバー・ハードさんは2011年映画「ラム・ダイアリー」の撮影で知り合った。写真は2015年10月。 Image copyright Reuters
Image caption ジョニー・デップさんとアンバー・ハードさんは2011年映画「ラム・ダイアリー」の撮影で知り合った。写真は2015年10月。

米映画スターのジョニー・デップさん(52)の妻アンバー・ハードさん(30)が、離婚を申し立てたことが明らかになった。ロサンゼルス高裁に、乗り越えがたい不一致を理由に、離婚の申し立てを提出した。法廷に提出した書類によると、22日から別居しているという。

夫妻は2011年映画「ラム・ダイアリー」の撮影中に知り合い、1年3カ月前に結婚。子供はいない。

芸能ニュースサイト「TMZ」によると、ハードさんが配偶者扶養料を要求しているのに対して、デップさんは法廷にこれを却下するよう求めているという。

デップさんは20日に母親を病気で亡くしたばかり。最新作「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」が米国で27日に公開される。

夫妻としては、ハードさんが昨年5月に犬2匹をオーストラリアの検疫法に違反して持ち込んだことから、ハードさんは起訴され、今年4月には2人して謝罪ビデオを公開するなどの顛末が注目されていた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
豪に犬持ち込み デップ夫妻が謝罪ビデオ

ジョイス豪農水相は、ハードさんがオーストラリアに持ち込んだ犬2匹を処分すると当時発言し、夫妻が提出した謝罪ビデオについても「ゴッドファーザーのオーディションみたいだ」と嘲笑。

これを受けてデップさんは今月25日に米テレビのトークショーでジョイス農水相が「トマトと近親相姦して生まれた子供」みたいに見えると発言。これに対してジョイス農水相は、デップさんの「頭の中に自分は住みついて、あれこれ引っ張ったりレバーを押したりしてるらしい。私が向こうのことを忘れても、彼は私が気になって仕方がない。私は(ジョニー・デップにとっての)ハニバル・レクターになりつつあるようだ」と逆襲した。

(英語記事 Johnny Depp and Amber Heard in marriage split

この話題についてさらに読む