【オーランド乱射】世界各地で追悼集会 容疑者はクラブ常連だった?

オーランド中心部の追悼集会に集まった人たちは白いろうそくを掲げた(13日) Image copyright AP
Image caption オーランド中心部の追悼集会に集まった人たちは白いろうそくを掲げた(13日)

米フロリダ州オーランドのゲイ・ナイトクラブで49人が殺害され53人が負傷した12日未明の乱射事件について、オーランドをはじめ世界各地で追悼集会が開かれている。一方で、容疑者はクラブの常連だったという情報が伝えられている。

オーランド市内で13日夜に開かれた追悼集会には数千人が参加し、ろうそくや花を手向けた。フロリダ中央イスラム協会のムハンマド・ムスリ師は、攻撃は「テロ(恐怖)とヘイト(憎悪)」の行為だったと非難。「我々は憎悪と死と破壊のイデオロギーを非難し、この国と世界各地のムスリム指導者やコミュニティーに呼びかける。共に立ち上がり、この『がん』を一気に取り除いてしまうように」と述べた。

集会は市内の舞台芸術会場の「ドクター・フィリップス・センター」の外で開かれた。ここは事件以来、にわか仕立ての慰霊碑のようになっている。

参加したキャスリーン・ダウスさんは、襲撃されたクラブ「パルス」の元従業員。「『パルス』は私に自信をくれた。自分が普通で、ほかのみんなと同じ部分がすごくたくさんあるんだと気づかせてくれた」とダウスさんは話した。

同様の集会が米国以外でもフランス、オーストラリア、英国、ドイツなど各地で開かれている。

オバマ米大統領は16日、オーランド入りし、犠牲者遺族を表敬する予定。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
【オーランド乱射】容疑者はクラブ常連 「男をナンパしようと」

一方で、複数の「パルス」常連客が米メディアに対し、オマール・マティーン容疑者も店の常連だったと話している。

タイ・スミスさんは地元紙オーランド・センティネルに対して「ときどき隅の方でひとりで飲んでた。ものすごく酔っ払うこともあって、そういう時はすごくうるさくてけんか腰だった」と話した。

ゲイの恋人探しアプリで見覚えがあるという証言も複数出ている。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
遺体の身元確認が進む
Image copyright Getty Images
Image caption ロンドン・ソーホーにも犠牲者追悼で大勢が集まった(13日)
Image copyright Reuters
Image caption ロンドン・ソーホーでは2分間の黙祷の後、静かな拍手が広がった

ニューヨークでは数千人が集まり、エンパイア・ステート・ビルの灯りが消された。

オーストラリア・シドニーでは名所ハーバー・ブリッジが、ゲイ・コミュニティーを象徴する虹色にライトアップされ、追悼集会には数百人が集まった。

ろうそくを手に参加したポール・サベッジさんはAFP通信に対して、「どこで起きてもおかしくない事件だ」と話した。

パリのエッフェル塔は虹色に加えて、米国旗の色に光が灯された。

ベルリンでは100人以上が米国大使館の前に集まり、ろうそくを灯し、花を手向け、虹色の旗を振った。

ロンドンのゲイ・コミュニティーの中心、ソーホー地区では、1999年に爆弾攻撃で3人が死亡したパブ「アドミラル・ダンカン」を中心に大勢が集まり、2分間の黙祷を捧げた。黙祷が終わると、自然と拍手が広がった。犠牲者ひとりひとりのため49個の風船が空に放たれると、歓声が上がった。

英国内ではほかにグラスゴー、バーミンガム、マンチェスター、カーディフ、ブライトン、リーズ、ノッティンガムなどで追悼集会が開かれた。今後も複数の集会が予定されている。

Image copyright EPA
Image caption パリのエッフェル塔も追悼の色にライトアップされた(13日)
Image copyright AFP
Image caption シドニーの追悼集会では虹色の旗に花やろうそくが手向けられた(13日)

(英語記事 Orlando shooting: Vigils held around world to honour victims

この話題についてさらに読む