クマに襲われサイクリング男性死亡 米国立公園付近

2011年にイエローストーン国立公園で撮影されたハイイログマ Image copyright AP
Image caption 2011年にイエローストーン国立公園で撮影されたハイイログマ

米北部モンタナ州のグレイシャー国立公園近くで29日、サイクリング中の男性(38)がハイイログマ(グリズリー・ベア)に襲われ死亡した。地元警察が明らかにした。

当局によると、武装した警察が男性を襲ったクマの行方を追っている。

グレイシャー国立公園が設置された1910年以来、クマに襲われて死亡者が出たのは10件のみ。

同州フラットヘッド郡のチャック・カーリー保安官が地元ニュースサイトに語ったところによると、死亡した男性は米農務省森林局の職員だという。

当局によると、死亡した男性と友人の2人が小道をサイクリング中にクマが現れたという。クマが死亡した男性に襲いかかり、自転車から引きずり落としため、もう一人は助けを呼ぼうと自転車を漕いで逃げた。

米魚類野生生物局は最近、ハイイログマを絶滅危惧種リストから外す方針を示していた。

Image caption グレイシャー国立公園(Glacier National Park)の位置

(英語記事 Cyclist in northern US killed by grizzly bear

この話題についてさらに読む

BBCについて