ジョンソン英外相は嘘つき 仏外相が非難

エロー外相はフランスには「信用があり、信頼できる」相手が必要だと述べた Image copyright EPA
Image caption エロー外相はフランスには「信用があり、信頼できる」相手が必要だと述べた

フランスのジャンマルク・エロー外相は14日、英国の外相に就任したばかりのボリス・ジョンソン氏について、嘘つきで「窮地に追いやられている」と述べた。

仏ラジオ局「ユロップ1」に出演したエロー外相は、英国の欧州連合(EU)離脱が決まった先月の国民投票に向けた運動で、ジョンソン氏が英国民に嘘をついたと批判。ジョンソン氏にはこれから、「自分の国を守る」ための重圧がかかるだろうと語った。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
ジョンソン氏が外相に 苦笑と驚きと

前ロンドン市長のジョンソン氏は、EUからの離脱を訴える陣営の主要人物だった。

ジョンソン氏が14日、ロンドンのフランス大使館で開かれたレセプションに出席した際には、出席者からブーイングを受けた。

国民投票の結果を受けてキャメロン前首相が辞任を表明した直後、ジョンソン氏は与党・保守党の党首選に出馬するとみられていたが、マイケル・ゴーブ前司法相ら同僚議員が支持を撤回したことで、立候補を断念した。

新首相に就任したテリーザ・メイ氏は、ジョンソン氏を外相に起用。同氏が過去に行った、外交的でない、あるいは侮辱的な発言を覚えている世界各国の多くの政治家や評論家の間に驚きが広がった。

Image caption ジョンソン氏はEU離脱派の中心的人物だった

エロー外相は、「ボリス・ジョンソンのことなど全く気にしていない。しかし、国民投票の運動中の彼の言動、手法はご承知の通りだ。英国民に多くの嘘をついた」と述べた。

エロー氏はさらに、ジョンソン氏が「自分の国を守るために窮地に立たされており、また、欧州との関係を明確にするという窮地にも立たされている」とした上で、「私に必要なのは交渉できる相手、明確で信用があり、信頼できる相手だ」と語った。

また、「英国民自身のために、あいまいで不明瞭な現状を長引かせるわけにはいかない」と述べた。

エロー外相の発言についてジョンソン氏は、「欧州のお役所の天井から化粧壁が多少落ちてくるのはしょうがない。(国民投票は)彼らが予想していた結果にならかったし、彼らは率直かつ自由に意見を言っている」と語った。

ジョンソン氏はさらに、「実は数時間前にフランス外務省から素敵な手紙を受け取ったばかりだ。一緒に働くこと、あらゆる分野での英仏の協力関係を深めることを、エロー外相がいかに楽しみにしているかが書かれていた。それは私たちが実現したいことだ」と述べた。

(英語記事 Boris Johnson is a liar with his back to the wall, says French FM

この話題についてさらに読む